スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震レポ 《災害への備えと片づけ》


先週の長野県北部地震、すごかったですね!
皆さんがお住いの地域では、被害などありませんでしたでしょうか。

飯綱の Maple Hut では壁に亀裂が入り、家具が倒れるなどしました。
近所のお宅ではピアノが跳ねたそうです!
震源地から15kmの戸隠でも震度6弱を観測しているので、震源地から約20kmの飯綱(上ケ屋)もそれに近い揺れだったのではないでしょうか。


地震が起きた時私は入浴中で、シャンプーをシャワーで流していたために家具が倒れる音が聞こえず、なんかゆらゆらしてるなぁ、お酒を飲み過ぎたのかなぁと思った瞬間、浴槽のお湯が大きく波打って溢れだしそうになりました。
慌ててお風呂から出てきて「今の地震なの?」とyooに聞くと、ソファーでうたた寝してたらしく「そうみたいだね」って寝ぼけた返事。
なんだたいしたことなかったのか、と思って部屋を見ると、軽い家具は倒れキッチンの引き出しは全部飛び出て、扉のない棚の物はほとんど落ち、壁に亀裂が入っているではないか!
びっくりしちゃったもぉー!
とにかく着替えなくてはと二階に上がったらもっとびっくり、本棚が倒れて床に本がぶちまけられ、幅3m高さ2mもある連結されたタンスが10cmも動いています。

地震 01

停電しなかったことが不思議なくらいの状況でした。
その見事な有様を見てよくぞこんなにとしばし呆れましたが、揺れをあまり感じなかったのにこの状態ということは、今の揺れが予兆で、この後本震が来てもっと酷いことに、もしや倒壊かと思った時に緊張が走りました。
お陰様で心配したような余震はなく、棲み人ふたりと猫一匹は大過なく過ごしています。

地震や自然災害のニュースを見ていると、被災された方々が「まさかこんな災害に見舞われるとは」とよく口にされますよね。
そのような言葉を耳にするたび、災害は自分の身にも起こるものだ、備えをしなければとは思うものの、実際に体験すると「まさか・・・」という言葉が口をついて出てきてしまいました。
余震によるさらなる被害に備え、避難の準備をしようと災害用持ち出し袋を開けてみれば、何に使うのかわからない物も出てくる始末。
恥ずかしながら心の備えも物の備えも全くできていなかったことが判明し、この程度の被害で本当によかったと胸をなでおろしています。
家が全半壊した場合、ライフラインはとまったが家が無事の場合、といったように、災害への備えは現実的で具体的に想定したものでなければ、気休めにもならないことを痛感させられました。


こうして備えは不十分だったものの、不思議なことに壊れたものはあまりないのです。

棚から物が「落ちる」といってもただ上から下にではなく、まるで棚から発射されたかのように1m以上も吹っ飛ばされていました。地震のエネルギー、すさまじい!
停電してもすぐ手が届くように工夫して置いたはずの懐中電灯も、どこかに飛ばされてしまい見つかりません。
そんな状況なのに、部屋のいたるところに飾っていたガラスの置物はなにひとつ割れておらず、高さ1m以上から落ちたワイングラス、ガラスのセード、一升瓶も無傷で、状況からするといずれもどこかにワンクッションして落ちたのではないかと思われます。
洗面所にあった学生時代から使っている鏡なんかは、枠が壊れているのに鏡は割れていません。
キッチンの調味料棚から落ちた醤油差しが、振動で開いた引出しのしかもトレーの中に転がり、そこでお行儀よく醤油をおもらししているのを発見した時は、思わず笑ってしまいました。
一番大きな被害は衣類乾燥機で、扉が割れ外枠がベコベコになりましたが、30年も使って買い替えを検討していたので、これを機に引退となりました。

地震 02


地震の後片付けをしながら、いったいどうやって落ちたらこんなにも壊れないものなのかと考えていて、はっと気づいたことがあります。

危険が回避されたのは、片づけの際に施した風水的処置のおかげだったのです。
また、片づけプライベートレッスン中のクライアントさんから地震の直後にメールをいただき、被害を心配してくださるとともに「片づけしていてよかった」とメッセージが添えてあり、片づけは災害への備えになることを強く実感しました。
ぐちゃぐちゃになった部屋の後片付けも、半日ちょっとで終わりましたし。
また、どんな収納方法が危険かも、よぉぉーーくわかりました!

ものすごくリアルな災害訓練を経験させていただいたような気がします。
百聞は一見に如かずといいますが、まさに、本やニュースでいくら知識を得ても、この目と体と心で経験したことにはかないません。
今後の片づけサポートに生かしていきまっせーp(*^o^*)q




地震のこと、しばらくつづく(^_^)/






  • 2014/10/29/Wed 12:06:17
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:飯綱便り

晩秋から初冬へ


玄関前に下がっている温度計は、今朝0度を差していました。
山庭も晩秋から初冬の風景へと、少しずつ衣替えが始まっています。

先週25日の葉っぱ達をご紹介。

紅葉 2014-1
  夕日を浴びて金色に光る、この葉っぱは、え~となんだっけ


紅葉 2014-2
  そっと冬芽を抱いたツツジ


紅葉 2014-3
  抜けるような秋晴れ
  イタヤカエデもシラカバも裸になりました




誕生日に


少し前のことですが、
9月は私の誕生日でした。
翌休日、yooと二人でお祝いのランチに出かけました。
爽やかな秋晴れの日、黄金色に稔った稲穂が風に揺れています。

山道を走って飯綱から牟礼駅に抜け、菊寿司でランチ。
カウンターで”おまかせ握り”を戴くのは久しぶり!
堪能いたしました *)^u^(*

ランチだけの予定が、あまりに気持ちの良いお天気だったので、
そのまま足を延ばしてサンクゼールワイナリーに向かいました。

ハーブティー
丘の上のレストランでティータイム。
わたしはオレンジの香りがするハーブティーをいただきました。

窓の外には、遠い山並みや田畑が、
空の下にゆったりと広がっています。
あちらこちらで刈取りが始まっていて、
田んぼがパッチワークみたいになっている。

時が静かにすぎていく、
ここちよい休日となりました。



秋の陽射し


コーヒー豆を入れていたキャニスター。
豆の種類ごとに、入れ分けしていました。

コーヒーを淹れるたび豆を選ばず、一袋ごと使い切ることにしたので、
キャニスターはひとつあれば足りるようになりました。

使わなくなった分を、パントリーに仕舞うために洗う。

やや長くなった秋の陽射しが、
キッチンのワークトップに射しこんできます。
ガラスと水滴が煌めき、
光の魔法にしばしうっとり(*^_^*)

一瞬のなかに永遠がある、
平和な時間。

キャニスター






Rさんのこと


この夏、とても感銘を受けた女性、Rさんのことを書きたいと思います。
学生の頃にお世話になったその方は、おしゃれで明るくて聡明で、当時憧れの大人でした。
先日彼女の娘さんと久しぶりにお会いする機会があり、Rさんの最近の様子を訊ねてみたのです。きっとかわいい孫たちに囲まれて、趣味を楽しんで、穏やかなおばあちゃまライフを満喫していらっしゃるだろうなぁ~と。
そう思いながら耳を傾けると想像と違っていた、いや想像以上にその方らしい生き方に、おもわず感嘆のため息がもれてしまいました。
こんなに素敵な方と出会っていたのに、知ってたけど…、ちっともわかってなかった!

ブーケ


80歳を過ぎたRさんは、遠く離れた生まれ故郷に戻られ、今はそこで一人暮らしをされているとのことでした。
故郷に親戚やお友達がいらっしゃるからかと思えば、いたとしてもすでにご高齢であったり、住まいもさほど近くはなかったりして、足しげく交流することはないご様子。
ご主人の出身地である町に移り住み、それからすでに半世紀以上過ぎていますから、生まれ故郷とはいえ新天地へ行かれたようなものかもしれません。
それまで築いてきた人との繋がりや、地域での居場所からもあっさり離れ、80歳を過ぎて新天地で一人暮らしができるだろうか。しかも最小限の荷物だけを持って。
甘ちゃんの自分なんかとてもかなわないと思うと同時に、人生いくつになっても未来と可能性がある、それは生き方次第なのだとおしえられたようで、しぼんでいた夢がふわ~んとふくらんでいくように感じました。
Rさんがお住まいになっていたのは小さな田舎町でしたが、その心は広い世界の中に住んでいらしたのですね。だからどこに住もうが、一人でいようが、なにも変わらないのだと思います。
娘さんのお話しでは、その後も会うたびに若々しくなっていくようで、我が母ながらいつも驚かされるともおっしゃっていました。
聞かせていただいたエピソードはどれも素敵で、ひとつひとつが深く心に沁み入ってきます。

そんなエピソードの中で、片づけサポーターに衝撃が走ったひとつをご紹介します。
Rさんが居を移されるにあたり、それまで暮らしていた一軒家をどうされたのか、片づけサポーターとしては気になるところです。
なんとRさんは2年かけ、ほぼお一人で一軒すべて始末され、ご主人のお墓だけを娘さんに託されたそうなのです。
脚を悪くされており、また持病を抱えての片づけ作業は決して簡単ではなかっただろうと、容易に想像されます。
年齢を重ねるほどに物は増え、生きてきた歴史が長くなればなるほど、思い出が詰まった物を手放せなくなるとはよく耳にすること。そして抱えきれない物に埋もれての、息苦しく危険な暮らしに困り、ご本人やご家族の方から悩みを打ち明けられることが最近続いていました。
高齢者の片づけ問題は片づけサポーターとしての課題でもあり、どうしたものかと考えていたところだったのです。
ちょうどそんな時に、Rさんがお住まいを片づけられたというこのお話しを耳にし、何歳になっても片づけはできることを教えられました。
そして片づけに年齢は関係なく、本質は同じではないかと思い至りました。

片づけとは、混乱してしまった「人と暮らしと物」の関係を整えること、
片づけサポーターは、その道筋を案内し、手助けする。
サポートさせていただく方の問題によって、その解決方法は変わっても、
わたしがやるべきことは変わらないのだと、決意を新たにしました。


それにしてもRさん、やっぱりステキ!
たとえ何歳になっても、今、この瞬間を生きておられるRさんには、過去の思い出は心の中だけで充分なのだろうなぁ。
モノもコトも所有にこだわらない自在な在り方、見習っていきたいです。
7、8年前だったかな、Rさんがお住まいの町へ行ったとき、偶然スーパーでお見かけしたことがありました。
まるでそこだけスポットライトが落ちているかのようにキラキラしていて、少し離れた場所にいたのにすぐRさんだと分かりました。
わたしのことも気づいてくださり、再会を喜んでくださったあの時の笑顔が忘れられません。
脚をかばいながら歩かれるようすは、確かに時の流れを感じさせるお姿でした。でもその持前の輝きがお年を召しても曇ることがなかったのは、Rさんの生き方がそうさせていたのだと、今になってわかりました。

Rさんの消息を知れたこと、
ことしの夏一番の、素敵なできごとです(*^o^*)







桃梨


川中島白桃が届きました!
今年はご縁があって、農家の方に直送していただきました。
甘くて、大きくて、なんといっても新鮮!
収穫したてのモモって、皮ごと食べられるんですよ~。


もも2014
いらっしゃいませ~\(*^_^*)/
かわいいぷりぷりのお尻がいっぱい!

もも2014
富山の義兄が送ってくれた、呉羽梨も一緒に記念撮影。


おいしい果物、夏からの贈り物ですね。



夏の雲、光る


街で買い物をし、いつも通りバードラインを上ってきた。
開け放った車の窓からは、夏の終わりを感じさせる爽やかな肌触りの風。
そして最期の叫びのように、フロントガラスいっぱいに湧きあがる雲!

圧倒されて思わず車を停め、iPhoneで撮影。

夏の雲 3

夏の雲 2

夏の雲 1

夢中で撮影していると、撮ってあげましょうかと声を掛けてくださった女性がいました。
70台ぐらいの方かな。
いえ、あの雲が綺麗で撮っていますからと、空を指さして返事しました。
女性は怪訝そうな顔をしています。
雲が見えていないのかも。
しばらく世間話をしてみると、最近イケメンのだんな様を亡くされたようす。
燃えるような雲の下、なれそめから始まり、お二人の半世紀に渡る物語を聞かせていただきました。
今日の空のように、熱く静かに湧きあがるような恋をされたんだろうな。
その思い出に比べたら、この雲なんて目に入らないのかもしれない。
でもちょっと切なく、甘酸っぱい午後のひと時でした。



8月19日追記
甘酸っぱいはちょっと違う、ほろ苦い、かな。


グラスの陰影


毎日昼も夜も、幾度となく上り下りしている階段。
その踊り場の床に、ガラスのコップが置いてあります。

毎日目にしているはずなのに、ある日妖しい光景に目が釘付けになりました。

グラス
まるで爬虫類のような文様を描き出した、グラスの陰影。
平凡な日常生活の中に、そっと織り込まれた非日常。

その陰の持ち主はこちらのグラス。
吹きガラス作家、前田一郎さん(長野市在住)の作品です。
もう10年以上前から、リビングのどこかに飾っていました。
グラス

昼と夜で全く違う表情を見せるグラス。
夜の灯りに妖しくきらめいているグラスに初めて気づきました。





冷蔵庫の在庫一掃メニュー


冷蔵庫を大掃除し、中途半端な食材を使い切るため、在庫一掃メニューつくりました。
大掃除をした日は、組み合わせ一切無視で野菜を使い切り、中華丼のようなものを。
昨日は揚げ物のついでに、餃子の皮が3枚残っていたのをチップスにしました。
そう、先々週記事にしたあの餃子の余りです。
2週間も経っているのですが、端をかじってみたら傷んではいなかったのでやってみた。

チップス
皮は半分にして揚げて塩と黒こしょうを振り、
なんだか思いがけずちゃんとしたビールのおつまみになったぞ!
しかもウマイ!
たった3枚分、あっという間に食べ終わり、食べ終わってからひらめいた!
あ~、ブルーチーズのせればよかった~!

次はそうしよっと。


冷蔵庫の大掃除、書き残しです。
中はもちろん、もともと大掃除のきっかけになった冷蔵庫の下もきれいにしましたよ。
写真を撮り忘れ、後撮りです。
床だけでなく、冷蔵庫さんのお背中も流してさしあげました。
給気口に付いた埃を綺麗に取って、節電に。
コンセントに付いた埃を取って、トラッキング事故がなきよう安全に。
冷蔵庫
冷蔵庫の後ろ脚はたいていローラーがついているので、
前を少し持ち上げれば簡単に手前に引き出せます。

などと冷蔵庫の下に転がった大豆を1ヶ月も放っておきながら、
たいへんエラそうに言ってます (^^ゞ



梅雨入り、そして冷蔵庫の大掃除


梅雨入りしましたね。
だからという訳でもなく、冷蔵庫の大掃除をしました、というか、する羽目になりました。

ひと月ほど前、
キッチンで大豆が入っていた缶を落とし、床にぶちまけてしまいました。
季節外れの節分か?
冷蔵庫の下にもパララララーっと転がっていったのは見えたのですが、テンテンテン。

一週間ほど前、
満杯に入ったオイルポットを、手を滑らせてまっさかさまにダイブさせました。
杉の床板が「ワックス欲しい」といったのか?
冷蔵庫の下にもちょびっとオイルが流れ込んだのは見えたのですが、テンテンテン。

もうここら辺で観念して冷蔵庫の下を掃除すればヨカッタのに、テンテンテン。
せっかく冷蔵庫さんが、「そろそろ掃除してね」ってお知らせしてくれてたのに、テンテンテン。

昨日のできごとです。
いそいそと南蛮漬けを仕込んで、さぁ~明日がたのすぃみぃ~と冷蔵庫にしまうやいなや、
タッパーのフタがしっかりしまってなかったために、嗚呼、
冷蔵庫の中に南蛮漬けの液をだらららぁ~とこぼしてしまいました\(◎o◎)/わぁおっ!

もう、拭いてもダメ、冷蔵庫まで南蛮漬けになっちゃった (>_<)

梅雨入りだから清潔にするのは良いこと良いこと、チョウドヨカッタと自分をなだめ、
冷蔵庫の大掃除をいたしましたです。
前回の大掃除は1年半前ですから、早すぎることゼンゼンない!

棚板、ドアポケット、引き出しは全部はずし(あたりまえか…)、
はずせそうな部品は工具を使ってはずし(内部配線まで出てきてアワテタ、やりすぎ注意!)、
内側も隅々まで拭きあげました。

冷蔵庫
まるでお引越しで荷物を運び出した後のような冷蔵庫さん!
 ⇒というとキャンディーズの「アンデュトォロワァ~ァァ」と聞こえてくるアナタは昭和の生まれ(アタシか)

冷蔵庫
一時避難の冷凍ものとチルドもの。

冷蔵庫
中から出した食材(他に野菜)。
6割が調味料、食材が3割、飲料が1割、かな。
賞味期限をチェックしながら冷蔵庫に戻し、いくつか処分。
前回大掃除してから食材のため込みをしなくなり、処分したのは5、6個ぐらい。
つかいきりっ!

本日の晩御飯は、yooが飲み会ということもあり、冷蔵庫の在庫一掃メニューでした。
そのレシピは…、ブログには書けません。
ある意味すんごいクリエイティブ、でしたとさ (*^_^*)




INFORMATION
新規ブログを開設しました

片づけ倶楽部 リコ

↑ こちらのバナーからどうぞ
プロフィール

ReCo

棲人:折谷 玲子
棲家:Maple Hut(飯綱高原)

家育てアルバム
写真をクリックするとアルバムにジャンプします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。