スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金曜日はシーツ交換の日


家事は全般的に得意ではありません。得意ではないけれど、そんなに嫌いでもない。
気が向いたときは料理も掃除も洗濯も徹底的にやり、気が向かなければ縦のものが横になっていても気にしない、つまりとても気まぐれです。
毎日コツコツと義務的にルーティンを繰り返すことが家事だとしたら、わたしには不向きです。そもそも家事は向き不向きでやるものではないのですが。
一方家事とはどれも、極めれば職人さんのお仕事にまで到達する、尊いものでもあると思います。
そんな尊い家事をイヤイヤやってはいけない。だからやりたくないときはヤラナイ、な~んて身勝手な発想だこと。
そんなわたしが家事の中で一番苦手で嫌いなのは、シーツ交換でした。嫌いだから、いつも後回しの一番最後の、もうどうしようもない感じになるまでできない・・・、「我が家の恥部」とも言っていいくらいでした。そう、「でした」なのです。この頃その苦手を克服しました\(~o~)/
睡眠って健康のためにとても大切なのに、こんな睡眠環境じゃあイケナイと決意し、苦手克服すべくまずしたことは、「シーツ」を好きになる工夫をすること。ダイスキ!と思えるシーツを探すことにしたのです。
今まではシーツ交換が嫌いだったから、ベッドメイクが簡単な「ボックスシーツ」を使っていました。縁にゴムが入っているあれです。
このボックスシーツというやつは交換が簡単かもしれないけれど、洗濯して竿に干されている姿がびよ~んとだらしなくてキライ。おまけにピシッと畳めないから、せっかく洗濯しても皺くちゃで気分悪いし。シーツのあれもいやこれもいやと、もう坊主憎けりゃ袈裟まで憎い状態です。
そこで買い替える新しいシーツは、思い切って(おおげさ?)フラットシーツにすることにしました。
シーツの素材は、ずっと憧れていた麻のものを選びました。
もう一つこだわったのは、一枚布であることです。ダブルサイズのフラットシーツは幅が220cmもあるので、両端に縫い剥ぎの入っている場合があります。竿に干されている姿も「すてきっ!」と思いたいので、一枚布のものを探しました。
縫い剥ぎがあるかないかで、価格は約2倍も違います。でも長年の苦手克服のためには、きっと高い買い物ではないはず(たぶん・・・きっと・・・でも・・・、フラットシーツ、面倒かな・・・)。

麻のシーツは、寝心地抜群でした。最近旅先で綿のシーツで寝ましたが、麻の少しざらっとするしっかりした肌触りが好きだなと、改めて感じました。キモチイイ~!
もっとすばらしいのは、麻はあっという間に乾くことです。春先の気温が低い時期でも、2時間でぱりぱりに乾いてしまいます。もひとつキモチイイ~~!
はじめは四苦八苦した交換も、シーツの畳み方を工夫したりしてだんだん慣れ、短時間でピシッと決まるようになりました。清潔な寝具でほんとうに、キモチイイ~~~!

気持ちがいいことに対しては、自然に熱心に取り組めるわたしは単純かつ正直(?)な生き物。こうして克服した、最も苦手で嫌いなシーツ交換という家事が、今では大好きになりました。
1週間の終わりに気持ち良く休みたいから、金曜の朝をシーツ交換の日と決めました。シーツ交換が楽しくなって、金曜の朝が待ち遠しいくらいです。
ある朝まだ木曜日なのに飛び起きて、がばあっとシーツ剥がしてしまいました。楽しいなあ。

linen sheet
   テラスでぱんっ!とシーツを干す
   長手方向を竿に掛け、裾を引っ張って幅方向の皺を伸ばします
   秋の日差しを受け風に揺れるシーツを見ていると、ただ暮らすことの悦びを感じます
   date:2010/10/23
        

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://iesodate.blog33.fc2.com/tb.php/8-5d0c85c3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

INFORMATION
新規ブログを開設しました

片づけ倶楽部 リコ

↑ こちらのバナーからどうぞ
プロフィール

ReCo

棲人:折谷 玲子
棲家:Maple Hut(飯綱高原)

家育てアルバム
写真をクリックするとアルバムにジャンプします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。