エコ・リバック


お片付けプロジェクト、クローゼット編、第3弾(記事11/03/24)を、ゆるゆると進めています。というか、進んではつまづき、進んでは投げ出し、なかなかコンプリートできません。
なにかを手放すためには、滞るのも必要な時間だったりするので、慌てず流れるままにやっています。

洋服も着ていないもの、飽きたものをかなり捨てましたが、どうしても捨てられなかった洋服たちがありました。
もうボロボロになるまで着たのに、大好きすぎて捨てられない。デザインは流行遅れでも、布の質感が好きで捨てられない。あるいはかつてはスリムだったという証拠の、ボディコンシャスなワンピース。
それらは無理に捨てず、きれいにプレスして仕舞ってありました。
そんな中、カフェ「デコレッド(長野市)」主催のサンデーマルシェで、「エコ・リバック」に出会いました!
着ていない、でも思い出があって捨てられない洋服を使って、コスチュームデザイナーの方がバックにリメイクしてくれるというのです。
コスチュームデザイナーのhicaoさんのセンス、その労を惜しまぬ手仕事にすっかり魅せられて、わたしの捨てられなかった洋服も「リバック」していただくことにしました。

そして今日、できあがってきたのぉーーー(*^_^*)v みてみてみてぇーーー!

re-bag 1
パンツのベルトループやポケットを、そのまま使っているのが楽しいです。
真ん中あたりの凝ったテキスタイルは、ちょ~ミニのスカートでした。
ハデハデだったインドシルクのブラウスも、ほどよいバランスでアクセントになっています。持ち手にもラインで入っています。
右側と底は、モスグリーンのサブリナパンツ。ほっそりしたラインがきれいで、かすかすに色褪せるまではきました。

re-bag 2
内側です。手前側のピンクとグレーの、これも凝ったテキスタイルはワンピースでした。
そしてリネンのブラウスと、イエローグリーンのシャツ。どちらも何年も着ていないのにクローゼットに掛けられたままになっていて、ある日、思い切ってそれを着て外出してみました。すると、大好きなはずなのに、なぁ~んか居心地が悪くて・・・。好きだけど旬はとっくに終わっていることがわかり、クローゼットから出して衣装ケースに仕舞いました。
ピンクとライトブルーのまたこれもハデハデ柄のは、なんと〝ルーズソックス〟です。女子高生の必須アイテムになる前にほんの短期間、一般人の間で流行したことがありました(四半世紀前のこと・・・知らないよね)。
このルーズソックスには、若さがはちきれんばかりに元気だったころの思い出がつまっています。hicaoさんに渡すのはちょっと恥ずかしかったのですが、ちゃんと素敵に使っていただけて、ナミダです。

one's best clothes 1
着ないけれど捨てない、ずっととっておきたい洋服はこの衣装ケースの中に入っていました。
それを「殿堂入りする」と言い、別名「殿堂箱」と呼んでいました。
リバックのおかげで、洋服は新しい命を得て生まれ変わりました。そしてなぜか、今回バックに仕立てなかった洋服とも充分付き合ったと感じられ、全てお別れすることにし、殿堂箱は必要がなくなりました。

hicaoさんのサイト http://hicao.sunnyday.jp
デコレッドルームズのサイト http://decored.px2.jp   
   

COMMENT

いいわァ~。

こんばんは。
今日は楽しかったねェ~!
いっぱいお話しましたね。
レイコさんといると自然体になれる自分がいます。
居心地いい、コレ大事、家といっしょだね。

暫く訪問しないでいたら、随分記事増えてました(汗)
今日見たエコバックあったァ~!
早速hicaoさんのblog(ココにもバッグ載ってたね)も拝見しました、素敵な方。ファンになったよ。

また遊ぼうね。

Re: いいわァ~。

hicaoさん、いいよねぇ~
ナノグラフィカでの「布かばんと帽子展」にもhicaoさんが出品されるそうです。
6月8日~27日までです。一緒に行きませんか?またお誘いします。
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://iesodate.blog33.fc2.com/tb.php/71-2124f545

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

INFORMATION
新規ブログを開設しました

片づけ倶楽部 リコ

↑ こちらのバナーからどうぞ
プロフィール

ReCo

棲人:折谷 玲子
棲家:Maple Hut(飯綱高原)

家育てアルバム
写真をクリックするとアルバムにジャンプします