スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お酒の空きビン


「ガラスが好きなんですね」と、うちに遊びに来る人達によく言われます。「ガラスが特等席にいるから」と。
確かに嫌いではなく、とても好きです。でも自分では、熱心にコレクションしたつもりはないのです。
つもりはないけれども、ガラス達は特別扱いされています。
ガラスに光が当たって乱反射し、そこに生まれる複雑な風景が好きなんだな。
もしガラスに目がないコレクターだったとしたら、クリスタルガラスを集めると思います。うちにあるのは、お酒やジャムの空きビン、リサイクルガラスとか、ごく普通のソーダガラスばかりです。
ガラスの質よりも、そこにどんな質感の光が生まれるかが大事なの。
たったひとつ持っているクリスタル(記事2011/02/09)もクリスタルっぽくなく、その色と海の中にいるような表現に惹かれて買いました。
バカラショップでは見とれてしまい、買いもしないのにそこを動けなくなってしまいましたけど。

iichiko
これは焼酎いいちこの空きビンです。キッチンの飾り棚の上に置いてあります。
いいちこのプロダクトデザインはどれも素晴らしいと思います。昔からある〝下町のナポレオン〟と書かれたビンもほっとする感じでスキ!
とくにこのポケットボトルは秀逸です。ガラスの厚みをわざと不均一につくり、このような光のゆらめきが生まれています。
「また君ぃ~にぃ~」と聞こえてきそうですね。

20年前仙台で暮らしていたころ、我が家の家計は大ピンチでした。
それまで共働きだったのが、夫の転勤でわたしが仕事を辞めることになり、突然収入が半分になってしまったからです。乗り切るために、しばらくの間ヒジョーに厳しい引き締め政策が採られました。
狭いアパートを、それでもなんとかおしゃれに快適に整えたいのに、気に入った雑貨も買えない(p_-)
キッチンにお醤油やみりんなんかの調味料を、目に見えるところに出しっぱなしになっていると、狭いアパートがますます狭く、乱雑に見えてしまう・・・。雑貨屋さんに行けば、かわいい調味料入れがいっぱいあるのに・・・。

どんなに経済難でも、お酒のエンゲル係数だけはキープされるのが我が家流です。お隣の多賀城市にオープンした、当時ハシリだったお酒のディスカウントストアまで、月に一度買い出しに行っていました。
その店でこのいいちこポケットボトルを見つけて、「これだー!!」と感激。でも一度に4個は買えないので、1か月おきぐらいにひとつずつ買いました。懐かしいなぁ。
お醤油、みりん、お酒、お酢を空きビンに入れて、シンクの前の棚に並べて使っていました。

今、3つは空ですが、右端は現役。一升ビンから詰め替えた、米酢が入っています。
   

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://iesodate.blog33.fc2.com/tb.php/62-500fb51f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

INFORMATION
新規ブログを開設しました

片づけ倶楽部 リコ

↑ こちらのバナーからどうぞ
プロフィール

ReCo

棲人:折谷 玲子
棲家:Maple Hut(飯綱高原)

家育てアルバム
写真をクリックするとアルバムにジャンプします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。