デスクとアタマ(ココロ?)は一緒


このブログを書くことで、わたし自身とても助かっていることがあります。
お片付けプロジェクトを完成させるべく、時間を作っては片付けに取り組んでいるのですが、途中で面倒になったり、気が重かったり、投げ出したくなることはしょっちゅうです。こうしてブログに写真を掲載するために、そこをもうひと踏ん張りしてお片付けを完成させ、撮影しています。

work space 3
住まいの重心に位置し、司令塔のような存在のワークスペースです。(司令は出しませんが)
このデスクの上も、2週間前まではモノがふた山ほど積みあがっていました。今デスクに置いてあるのは、ペンケースとリーディンググラス(俗に言う老眼鏡?)と携帯電話です。
ブログで予告した写真の整理をするため、広い作業スペースが必要になり、デスクの上を片付けました。
デスクの上に積まれっぱなしになっているモノは、ほとんどが保留物件です。例えば、返事を書いていない手紙、スクラップするために切り抜いた記事、整理していない資料、買ったまま読んでいない本や雑誌、まだ指定席が決まっていなくて「持つか捨てるか」未決定のモノなどが、デスクの上に積まれていました。
今回片付けてみたら、半年前からの保留中のモノが溜まっていました。
片付けて見た目がスッキリ!資料やスクラップする記事をもう一度チェックし要らないものを捨て、必要なモノをファイルしてアタマもスッキリ!気になっていた手紙の返事も書いて気分もスッキリ!

「部屋の状態は、そこに住む人の心の状態が現象化している」といわれたりします。だとしたら、思考する場であるデスクは、アタマの状態だともいえます。デスクがとっ散らかっていたら、アタマもとっ散らかっているのです。
そのことは、わたし自身が身を以て経験しました。
デスクの上に隙間なく、しかもぐちゃぐちゃにモノが乗っていて、ファイルの整理も引き出しの中もぐちゃぐちゃ。このデスクに座ることすらできない時期が、3、4年ありました。その頃の自分の心と体の健康状態を思うと、まさにその通りだったと思います。
病んでいるから住まいが病むのか、住まいが病んでいるから住人が病むのか。いずれにしてもとても分かりやすく、二者はリンクしていると感じました。

さて片付けが進むとともに、デスク(アタマ)の混沌はだいぶ消え、秩序を取り戻しつつあります。デスク上に余裕のスペースがあるように、アタマとココロにも余裕が生まれました。
しかしながら、そんな余裕を持て余し気味の今日この頃でもあります。
ここでなすべきことを見つけたい。
   

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://iesodate.blog33.fc2.com/tb.php/55-4e259c56

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

INFORMATION
新規ブログを開設しました

片づけ倶楽部 リコ

↑ こちらのバナーからどうぞ
プロフィール

ReCo

棲人:折谷 玲子
棲家:Maple Hut(飯綱高原)

家育てアルバム
写真をクリックするとアルバムにジャンプします