楽しいキッチン、をめざして


カテゴリテーマ「キッチンが好き」で、わたしのキッチンへの偏愛を書いてきました(カテゴリ:キッチンが好き)
「MapleHutのキッチンづくり」で工夫したことについて、2月頃に口角泡飛ばす勢いで書き、それが全部書き終わらぬうちに力尽きてしまい、話が途中で終わっていました。書きたいことがたくさんありすぎて、それを言葉にする能力が追い付かなかった(>_<)
キッチンについて具体的に書き始めたのは「小屋のキッチン(記事11/02/18)」からですが、その1か月前の「居心地のいい住まい(記事11/01/14)」からそこまで、ほとんどキッチンのことを書くための前フリでした。

以上、長いつぶやきでした。失礼!

改めまして、「MapleHutのキッチンづくり」において、めざすべき方針はこうでした。
 その1.キッチンの存在が目立たない工夫を施すこと (リビングダイニングのコンフォートを最優先するため)
      「キッチンは忍忍(記事11/02/21)」で紹介
 その2.モノが出しっぱなしでも気にならない仕組みをつくること (自分の性格改善はアテにならないし)
      「散らかっているのも暮らしの風景(記事11/02/25)」で紹介
 その3.キッチンに立つことそのものが楽しくなる仕掛けをつくること (料理コンプレックス克服のため)

その3〝キッチンに立つことそのものが楽しくなる仕掛け〟のために、工夫したことは二つあります。
ではまず<その3の1>、キッチンに立った時に見える風景を、それを見ただけで心が楽しくなるように整えることです。
人は楽しい気分で笑っているときに、より潜在能力を発揮できる、となにかで耳にしたことはありませんか。
料理にコンプレックスがあって、そのせいでキッチンに立つことが億劫に感じるなら、料理のためでなくとも思わずそこに立っていたくなるような楽しい風景でもって、自分のことをキッチンに誘導する心理作戦なわけです。

kitchen2
   キッチンに立つと、お気に入りの雑貨と森のようすが見える
   質感のある木のワークトップが、楽しい風景づくりに生かされていると思う
   photo:Tsutomu Uno
   date:2004/09/15

もうひとつ、〝キッチンに立つことそのものが楽しくなる仕掛け<その3の2>〟とは、それはキッチン設計において最も重要なことだと考えています。
楽しくあるためには、キッチンがいかに使いやすいか、使っていてストレスを感じない設計となっているか、その点にかかっています。
そもそも「キッチン」とはなにかと言えば、調理をするための「道具」のひとつだと捉えています。
「道具」なのですから、使いにくかったら何の意味もありません。どんなにカッコ良くデザインされていても、便利そうな最新の設備が整っていても、使いにくければその用を足しません。
そして、そんな〝使えない道具〟を使っての料理が、楽しかろうはずがありません。

とはいっても料理の技術が高い人だったら、狭くても多少配置に無理があっても、難なく使いこなしてしまいます。キッチンは単なる道具であって、それを使うのはあくまでも人なのですから。
〝料理にコンプレックスがある〟わたしは、使いにくい、使っていてストレスを感じるキッチンは敏感にわかります。
そんなわたしだからこそ、道具として過不足なく、使いやすいキッチンを追究できると思いました。

では、「道具として過不足ない使いやすいキッチン」とは・・・。
家族の人数や得意な料理が違えば、食事や料理へのこだわりなどのライフスタイルもみなそれぞれ違いますから、同じ答えは二つとしてありません。
MapleHutのキッチンは当然、わたし(我が家)にとって一番使いやすいキッチンになっています。
その1、その2、その3の1まででお話したことは、建築全体の条件とわたしたちのライフスタイルを踏まえたわたし(我が家)のための工夫ですので、それはだれもが参考になるという内容ではなかったかもしれません。
そんな中で、〝キッチンに立つことそのものが楽しくなる仕掛け〟すなわち使いやすい、使っていてストレスを感じないようにするための工夫は、全てのキッチン設計の基本となるところですから、参考にしていただける部分が少しはあるのではないかと思います。

その工夫について、今後ひとつひとつ紹介させていただきます。
 (カテゴリテーマ「キッチンが好き」、つづく)
    

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://iesodate.blog33.fc2.com/tb.php/40-c90f093c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

INFORMATION
新規ブログを開設しました

片づけ倶楽部 リコ

↑ こちらのバナーからどうぞ
プロフィール

ReCo

棲人:折谷 玲子
棲家:Maple Hut(飯綱高原)

家育てアルバム
写真をクリックするとアルバムにジャンプします