• 2015/02/23/Mon 14:32:13
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:家育て

杉床のメンテナンス ☆ Before & After


杉床のお話し、つづきです。
  ☆2月6日、16日、17日の日記とあわせてどうぞ
  ☆2012年3月27日の日記に、リビングダイニングの全景写真が掲載されています(間取りのご参考に)



★ソファーや家具を移動して、広い範囲をメンテナンス。

↓ Before
床メンテナンス-10
ソファーを動かすと、日焼けしている跡がはっきりわかりますね。

↓ After
床メンテナンス-11
光線の加減で解りにくいかもしれませんが、
全体的にしっとりと落ち着いた艶になりました。
テラス窓の前は、どうしても白っぽく色の抜けた感じが残っています。
新築時のような均一さは求めていないので、まあこれでいいでしょう。



★テラス窓の前、紫外線で塗装が完全に劣化し、ソファーの日焼跡とダブルパンチ。

↓ Before
床メンテナンス-19
写真のちょうど真ん中あたりがソファー位置の境です。

一番ひどい部分をさらにアップにすると、
床メンテナンス-12
この部分の拭き掃除をしたときに、カスのようなものがポロポロと剥がれてきて、
そのカスが出なくなるまでふいたら、このようにカッスカスになってしまいました。
木が削れてはいないけれど、ここも白木がむき出しの感じです。
部屋全体がこうなら、この枯れた風情もアリ、なんですが、
傷んでいないところと比べると見た目に差がありすぎ、やはり風情と言うより「傷み」にしか見えない。



↓After
床メンテナンス-20
全体的にツヤが戻って、荒れた感じはなくなりましたが、
日焼けしたところとそうでないところの色差は残っています。
ソファーを元の位置に戻してしまえばあまり気にならないので、
これ以上しょうがないですね。

床メンテナンス-13
一番かすかすだった部分、手入れ前に比べればとてもきれいになっています。
しばらくしてから、この部分だけ再度ワックスを塗り重ね、もう少し色が濃くならないか試してみようと思います。



★部屋の中央、よく目立つ部分です。

↓ テラス側を背に、リビング入口を見る
床メンテナンス-8
リビング入口からソファあたりまでは作業終了、手前側はこれからです。
作業前と後の艶の違い、判るでしょうか。

↓ 手前まで全部作業終了
床メンテナンス-9
よーーーく見れば"まだら"やムラがありますが、それこそ経年変化しなければ出せないアジ、ということでオッケー!
この部分の、写真下から三枚目の床板をアップで撮った Before & After が以下の通り。


↓ Before
床メンテナンス-14
かなりの大アジ、荒れてます。

↓After
床メンテナンス-15
荒っぽいアジはそのまま、達人のような渋みが増しました。



★さらに広範囲にひどい削れ方をしていたのはソファの前。

↓ Before
床メンテナンス-6
よくぞここまで、と言いたくなるような傷み方。

↓After
床メンテナンス-7
綺麗になりました。
ほっ。

実は何年もこのソファー前の傷みが気になって気になって…。
塗装の必要性を案じてはいたのですが、もっと大変な作業だと思って先延ばしにしていました。
先日床塗装の過去記事を紹介しましたが、塗装、結構エネルギーいりましたもん。
その頃はまだ少ししか家具がなかったから住みながら2回塗装できたけれど。棲み人も15年分若かったし。

いいクリーナーワックスが見つかって、本当に良かった!



杉床メンテナンスのお話し、つづきます。




COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://iesodate.blog33.fc2.com/tb.php/264-797f2477

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

INFORMATION
新規ブログを開設しました

片づけ倶楽部 リコ

↑ こちらのバナーからどうぞ
プロフィール

ReCo

棲人:折谷 玲子
棲家:Maple Hut(飯綱高原)

家育てアルバム
写真をクリックするとアルバムにジャンプします