七草粥


「春の七草」、なんだかはんなりした言葉の響きが好きでした。それなのに、「七草粥」など今まで食べた記憶がありません。
セリナズナゴギョウハコベホトケノザスズナスズシロ。
好き、と言いながら、セリ、ナズナまでしか言えませんし、どんな植物なのかその姿もよく知りません。
昨日スーパーの野菜売り場で、七草をパック詰めした「春の七草セット」というやつと眼が合い、「たまにはいいかも!」と思い立って買って帰りました。
生まれて初めての「七草粥」。しかしてそのお味は・・・けっこう野性的な感じでした。
苦いしエグイし、決して「うまいっ!」と膝を打つような味ではありません。「草っ!」って感じです。
お米の甘さがいっしょでなければ、ちょっと食べられないと思います。おひたしじゃあツライ味かな。
でも不思議~。一口めで怪しいと感じたこの味なのに、残さず食べられたのです!お粥が嫌いな夫yooでさえ、ペロッと完食しました。

おもしろいね。舌はイヤがっても、身体が欲していた感があります。
1月7日に七草粥、これは身体本能カレンダーなんだな。
年末年始の暴飲暴食で疲れた胃には、確かにもってこいかも!

昨夜のもう一つのメニューは「reko風塩煮」でした。
残り物の中途半端な野菜がたまってしまった時や、食欲がなくて料理する元気がないときに登場するメニューです。
年末年始の余りもの食材がたくさんあったので、昨夜も登場させました。
合わせ昆布出汁(昨夜は顆粒で)に、大根を厚めのいちょう切り(8mmぐらい)にして投入!ゆっくり煮ます。
その他余り野菜、昨夜はタケノコとエノキを入れました(その日によって余り物は白菜、ほうれん草、モヤシやいろんなキノコ類だったりする)。
それから豚肉を入れて(余っているのが鶏なら鶏で)。
火加減はずっとことこと。作っているわたしも元気少なめでことこと。
大根によおーく火が通ったなと見たら、塩を入れます。
昨日は最後に水菜を入れて、さっと煮てお終い。
器に盛ったら、ちょっとポン酢をさしてテーブルへ。
味付けが塩だけなので、失敗のしようがありません。味がシンプルなので、あまり食欲がなくても食べられます。
出汁は、野菜に根菜が多いときはたっぷりめ、葉物が多いときはちょびっとで煮ます。
そして具が同じでも、出汁をコンソメにしたときは、最後はコショウとバルサミコ酢でアクセントにします。

昨夜もゴハンをおいしくいただきました!(たぶん)生まれて初めての七草粥も・・・(*^_^*)ん?
「あれ?今日(昨夜のこと)って、まだ6日じゃない?」
う~~ん、春もはよから・・・、まっ、早めに失敗しておくと後が気楽ってもんかな?
     

COMMENT

こんにちは。

七草粥、私も食べたことないなァ・・・でも、興味津々。
苦いんだね、やっぱり。
でも、日本人に生まれた以上、四季折々の行事は大切にしたいよね、幸い(?!)時間あるし・・・

っと言いながら、七草粥はスルーしちゃったから、次はひな祭り?
女子としてはこのイベント、盛り上げたいと思います(宣言!)
一緒にどーよ?!

Re: タイトルなし

痩せても枯れても、というか、メタボっても枯れても「女子」しましょう!
お雛祭りに着物で女子会しましょうか?いいね~v-238
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://iesodate.blog33.fc2.com/tb.php/22-f55dc7c5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

INFORMATION
新規ブログを開設しました

片づけ倶楽部 リコ

↑ こちらのバナーからどうぞ
プロフィール

ReCo

棲人:折谷 玲子
棲家:Maple Hut(飯綱高原)

家育てアルバム
写真をクリックするとアルバムにジャンプします