サーバースプーン


さて、前回の記事の続き。

2013年の半分が終わろうとしているいまごろ、
2012年のお買い物大賞のご紹介です。

昨日紹介しました1品目は、フランフランで買ったオーバルのお皿。

今日紹介する2品目は、無印良品のサーバースプーンです。
(無印良品:シリコーン調理スプーン850円)

  写真はこちら ⇒ 記事2013/06/29

某料理研究家のエッセイで紹介されていた、
その方がデザイン開発をされたというサーバースプーンが欲しかったんです。ホントは。
それはもう形がキレイ!黒くてカッコイイ!、でも、ゴセンゴヒャクエンもする!
あったら便利そうだなぁ~、いいないいなぁ~、値段がねぇ~・・・。
他にもないか探してはみたのですが、それに匹敵するほどカッコイイものはありません。
ステンレスのもありましたが、スプーンのおばけみたい。
別の料理研究家のショップのものは、柄のところにカワイイ模様があって、ザンネン。
価格は1~2,000円ぐらいで、まあまあなんだけど・・・。
奮発して気に入ったヤツを買うかな、と決心しようとした頃、
無印良品でこれに出会いました。

実際には「サーバー」ではなく、調理用のスプーンなので、求めていたものとはちょっと違いました。
しかも、形は少しバランスが良くない。
でも値段は悩むほどではないので、見つけてすぐにお買い上げ!


これがもう、使いやすいのなんの。
バランス悪い、なんて言ってゴメンナサイ。マイリマシタ。

全体がシリコンでできているのですが、芯の入れ方が絶妙です。
すくう部分の縁だけ芯がないので、スクレーパーの代わりにもなるんです。
つまり、鍋から調理した食材をよそう時、すくい残しが出ないのです。
とろみのある料理もきれいさっぱりよそえます。
縁が柔らかいと、サトイモの煮っころがしも型崩れすることなくよそえます。

柄の部分とすくう部分がまっすぐに作られていますから、
お皿に食材をすっと滑らせて盛り付けがきれいにでき、サーバーとしても充分使えます。
サーバー専用ではないので、すくう部分の容量が小さいのは仕方ありませんが、
あまりの便利さに、それはまったく気にならなくなりました。

元々は調理スプーンですから、炒めものの時などに、ターナーや菜箸の代わりとしても使います。
中華料理の職人さんが、お玉で調理する、あの感じです。


というわけで、求めていたのは「サーバー」だったのですが、
予想外に便利な調理道具がひとつ、我が家にやってきました。


あまりの使いやすさに、毎日使うたび感心しきり。

2種類の料理を盛り付けるときにいちいち洗うのが面倒になり、
悩んだ末、もうひとつお買い上げ、同じものがふたつになりました。



COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://iesodate.blog33.fc2.com/tb.php/215-7a9507ae

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

INFORMATION
新規ブログを開設しました

片づけ倶楽部 リコ

↑ こちらのバナーからどうぞ
プロフィール

ReCo

棲人:折谷 玲子
棲家:Maple Hut(飯綱高原)

家育てアルバム
写真をクリックするとアルバムにジャンプします