• 2013/04/26/Fri 09:03:24
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:家育て

灯油タンクのメンテナンス


灯油タンクをメンテナンスしました。

もう13年目ですから、そうとう汚れや水が溜まっているのでは・・・。
ここ数年、中がどうなっているか気がかりで、でもどうしたらいいかわからず、面倒で気が重かった。

そんな時、灯油の配達をお願いしている燃料屋さんが、
「灯油タンク洗浄します」のチラシを置いて行ってくださいました。

さっそくおねがいしまっす!!


お願いしたのは3月で、その頃まだすごい積雪で、タンクも雪に埋もれていましたから、
春を待って、ということで、この月曜日に予約していました。

そしたら時ならぬ大雪。震えながら作業してくださいました。
お疲れ様でしたm(_・_)m

13年か~そうとう汚れているかも・・・、と心配されつつ洗浄作業が始まりましたが、
それが拍子抜けするくらい中はキレイでした。
作業の方も首をかしげていました。
作業が終わり、ろ過器のフィルターを見せてもらったのですが、
ちょこっとした汚れと虫が数匹、錆らしきものはなく、フィルターの色も変わっていませんでした。

業者さんの見立てでは、
軒が深いため、直接雨に当たりにくいこと、
冬場は屋根雪から守るために覆いをしていること、
それが良かったのではないかと。
ふつう13年もたてば、外側も傷んでくるところ、
ウチのはあまり汚れていないとのことでした。

軒、深くて良かったです。


oil tank
   昨日のようすです
   日曜日に降った雪がまだ残っています
   緑のは常緑のササの葉だけで、芽吹きも当分先

   軒は高いとはいえ、タンクの上にしっかり被っています
   これだけで違うんだ~
   date:2013/04/25



作業中の写真を撮り忘れ、残念!

作業手順は、
残量メーターを外した開口部にポンプを入れ、中の灯油を吸出し、
ろ過器を通してで錆などの汚れと水を取り除き、灯油注入口から戻します。
吸い出して出てくる灯油がきれいになるまで、この循環を続けます。
なので、中に灯油が入っていないと作業ができません。



oil tank 2
   リビングの窓から屋根雪のようすを撮影
   画面左隅に、周りを覆った灯油タンクが見えます
   上の写真と比較すると、屋根雪の高さが分かるでしょうか?
   積もった屋根雪のピークは、灯油タンクをはるかに超えます
   これが春になると消えてしまうことも驚きです
   date:2010/02/07


COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://iesodate.blog33.fc2.com/tb.php/208-3fb2d5eb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

INFORMATION
新規ブログを開設しました

片づけ倶楽部 リコ

↑ こちらのバナーからどうぞ
プロフィール

ReCo

棲人:折谷 玲子
棲家:Maple Hut(飯綱高原)

家育てアルバム
写真をクリックするとアルバムにジャンプします