スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッチンの心臓部、かな?/調理スペース下の収納


MapleHutのキッチンを紹介しています。
   ☆キッチンの配列は過去記事をご覧ください ⇒ こちら
   ☆カテゴリ「キッチンが好き」の全過去記事は ⇒ こちら

キッチンは何をするところ?と尋ねられれば、
「料理をするところ」、たぶんこれしか答えはありません。

料理はすなわち「作業」ですから、「道具」が当然必要です。
「食材」は言うまでもないことですが。

キッチン本体は「大道具」、
電子レンジやフードプロセッサーなどの家電品なんかは「中道具」、
鍋やフライパン、その他の細々したものをまとめて「小道具」としましょう。

すぐに取り出せる場所で、
いつ出番が来ても大丈夫なように、
小道具たちがスタンバイしていると、
調理の作業はスムーズに流れます。

kitchen 13
「すぐに取り出せる場所」といったら、
調理スペース(シンクとコンロの間)の真下でしょう。
ですので、鍋やフライパン以外の小道具を全て、ここに集中配備します。
 ※当たり前のことのようですが、ここに食器洗浄機がセットされているプランが多い
最も頻繁に使うレードル類とパウダー類は、ワークトップに出しっぱなしで、
引出しは深さを変えて4段あります。

この調理スペースと引き出しの前に立ち、ほとんど動かずに作業の半分以上をこなすことができます。
ここをセンターとして、シンク側に一歩、コンロ側に一歩動けば、作業の7~8割です(だいたい)。


kitchen 9
まず一番上の引き出しです。
深さの有効寸法が6.3㎝しかありません。
本当はこれほど浅くするつもりはなかったのですが、計画当時まだ家具設計に慣れておらず、
引き前(引出し手前の板)の寸法を指定したら、キャビネットの厚みがその寸法に含まれてしまい、
こんなんになっちゃったの。
仕上がりを見て当然、『失敗だぁー』と青ざめました。
がしかし、がしかし、これがなんとも使い勝手がよかったのです!!!怪我の功名とはこのこと。
浅すぎて道具を重ねることができないため、ぱらぱらっと撒いたようにしか収納できず、
結果、すべてのモノが一目で見渡せるので取り出しやすく、死蔵品がひとつもありません。

真ん中のトレーは、一番使う「切る道具」
左のトレーは、「竹っぽい道具」と「網っぽい道具」と、茶葉をすくう用のスコップ
右のトレーは、「ステンレスっぽい道具」と「イタリアンっぽい道具」
その右は刺身包丁とパン切包丁で、超ミニサイズのナイフレストは自分で作りました


kitchen 10
お次は2段目で、深さの有効寸法は12.5㎝です。
ラップ類の下には、ジプロック(シールパック)が3種類納まっています。
スパイス類がこれだけしかないのは、最近シーズニングスパイスを利用するようになったからです。
たくさんの種類のスパイスを持っていても、少ししか使わないうちに香りが飛んでしまうことが頻繁にありました。
そんな香りの抜けたスパイスを使うより、料理ごとにブレンドされたものを利用する方が、美味しくできますからね。
満足度から、割高も気にならなくなりました。
この道具類の中には、独り暮らしの学生時代から使っているものもあり、ずっと現役です(^_^)v


kitchen 11
3段目で、深さは12.5㎝。
ザル、ボウル、密閉保存容器類とお弁当箱です。
保存容器は、お片づけプロジェクトで大量に捨てました。
一つ一つよく見ると、使えるけれども古くなってべとべとしているものや、変色しているものが多かった。
べとべとしてしまうのは、経年劣化でプラスチック成分の油分が沁み出すからです。
不衛生なので処分。

それ以降は、特殊なサイズ以外はジプロックに統一しました。
ジプロックが発売された時は感動しました!
一つ、スタッキングできる!(保存容器はかさばって収納しづらかった)
一つ、食器洗浄機でフタも洗える!(ふつうフタは耐熱温度が低いため、食器洗浄機では洗えない)
一つ、適当な時期にダメになるので、引退勧告しやすい!
で、ジプロックの大ファンです。


kitchen 12
一番下の段は、深さが24.5㎝です。
バット、耐熱皿、蒸し物用の網、落し蓋などを、ブックエンドを使って立てて収納。
あとは、スライサーセットと、すり鉢、おしぼり、洗剤類。


以上が「小道具類」のセットアップです。


システムキッチンの収納は、現在ではほとんどが引き出しタイプになりました。
屈まないと中のものが見えない扉タイプよりは、確かに使いやすいのかもしれませんが、
ちょっと深すぎるのではないかと思うことがあります。

引出しが深いと、モノを重ねて収納しがちになり、下のものは出しづらいだけでなく、
良く見えないためにその存在を忘れてしまうのでは。

存在を忘れてしまっては、モノを持っている意味がない。
使われなければなおさらです。

モノは使うためにあるのですから、
いつでもすぐに使えるようにスタンバイしている状態が、
理想的な収納といえるのではないかな。





COMMENT

はじめまして

偶然ですが、ブログ拝見しました。

私は、現在長野市在住。
飯綱デビューを考えている者です。
ブログは現在は中断?ですか

貴方様の繊細な感性
共鳴するものが多々あります。

MapleHut いいですね。
そして青色がお好きなようですね。

突然失礼いたしました。

Re: はじめまして

「家育て」にご訪問、ありがとうございます。

更新の中断はしていないのですが、
気まぐれペースで失礼しています。
気長にお付き合いいただけると助かります。

そのうちご近所付き合いになるのでしょうか?
どうぞよろしくお願いいたします。


NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://iesodate.blog33.fc2.com/tb.php/188-ccfcb800

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

INFORMATION
新規ブログを開設しました

片づけ倶楽部 リコ

↑ こちらのバナーからどうぞ
プロフィール

ReCo

棲人:折谷 玲子
棲家:Maple Hut(飯綱高原)

家育てアルバム
写真をクリックするとアルバムにジャンプします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。