• 2012/10/25/Thu 18:28:57
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:家育て

タンスの大掃除


9月はキモノを着る機会が多くありました。
クリーニングに出してあったキモノや襦袢が戻ってきたので、それらをしまいがてら和ダンスの整理をしました。
引出しごとタンスから出し、しまい直す時にふと触れた引き出しの背板の裏が、なんだかべとべとしていました。
カビは出ていないものの、かなりのバッドコンディション!
引出しを全部出し、引出しそのものだけでなく、和ダンスの内側も全部拭きあげてお掃除しました。
アブナイアブナイ!キモノをダメにしてしまうとこでした。

closet 1
   組ダンスの一番上、観音開きの部分が和ダンス

そしてまた次の日、
毎日使っている洋ダンスの方の引き出しの背板の裏も、べとべとになっていることに気づいたのです!
引出しの背板の裏なんて、普段絶対触らないのに、なぜか触る羽目になってしまい・・・。
タンスが呼んだんです。わたしのことを。
レーコサン、たいへんなことになってるよーーー、ちゃんとお手入れしてーーー!!!

前日に和ダンスをお手入れした時、どうして『他は大丈夫か?』って思わなかったのか (>_<)
やっと、こりゃいかんと、慌ててそこら中点検してみたら、ひどいことになっていました。
特に壁に面している背の部分がべっとりしています。

この前の週末、飯綱では紅葉も盛りになり、お天気も最高の絶好の行楽日和に、
わたしはクローゼットの大大大掃除に取り組んだのでした。
絶好の行楽日和は、またとないお掃除日和 (^_^)v

wardrobe01
まずは、タンスをカラにし、ばらばらにして手前の部屋に移動しました。
ほんとはね、
ずーーーーっと気になっていたのです。タンスの裏が。
ここに棲みはじめて、丸12年になります。
その間、一度もここをお掃除したことなかったから。
ホコリがたまってるだろうな、とは思うものの、面倒で後回しにしてきたの。
そんなズボラしてるわたしのことを、タンスさんがついに見かねてメッセージを送ってくれたと思う。
内も外も、底の裏も全部、ハイターを薄めた液で隅々拭きあげました。
そこに入る洋服さんたちが、
「あ~ここならゆっくり休める。しっかり休んで、次の出番にスタンバイするぞ」と言ってくれるまで。
タンスさんが、
「もー、長いことお風呂にも入れてもらえないで、毛穴が詰まって息苦しかったよぉー、
お~~~極楽極楽、また働くね」と言ってくれるまで。

wardrobe02
タンスの後ろの壁も、べとべとになっていました (>_<)
巾木のところは、ホコリと虫の死骸で真っ黒でした (>_<)
ひどいカビは発生していないものの、もう限界、いつそうなってもおかしくない状態 (>_<)
シナ合板打ち放しの壁は、触るとアヤシク膨れていました (>_<)
朝のうちにここまでやって、そのまま夕方まで乾燥させました。

この嫁入りダンスはもう30年近く使っています。
元の場所に戻す前に、仕口のあたりに隙間ができていたのも、
追込み玄能(かなづち)で叩き込み、ピシッと合わせました。
 ※なぜかプロ用の、そんなお道具持ちのワタシ

何日か乾燥に掛けたほうが良かったかも。
でもその日湿度は60%で、お天気予報ではまた雨になりそうだったので、ここまでにしました。
冬になって乾燥が強くなってきたら、もう1日やってみます。

wardrobe03
で、次の日。
2日間良いお天気に恵まれ、元に戻したタンスは、扉を開けたままもう少し風を入れます。
中に入っていた洋服たちを物干し竿にゆったり掛け、虫干しもできました。
もしカビ菌が蔓延してしまっていたら(たぶん少しはしている)、これは気休めにすぎないけど。

それにしても、

思えば、もっと前からサインは出ていたのでした。

昨年の今頃、yooがネクタイを冬ものに変えた時、かびているのが何本もあり、お洗濯しました。
その時は、「今年の梅雨は長かったからな」と思っていました。
そして今年の夏、ロッカータンスに臭いがこもるのが気になり、消臭剤を仕込みました。

ナゼ、ナゼその時に、消臭剤で対処療法せず、臭いの原因を突き止めることをしなかったのか。

そしてつい最近、今年一度も着なかったお気に入りのワンピースにカビを発見!
クリーニング屋さんに持っていくものの、カビの他に生地の痛みが激しい部分が見つかり、
お店の方に「これはクリーニングではきれいにできない」と。
泣く泣くそのワンピを捨てました。


タンスさん、全部台無しになる前に教えてくれて、ほんとにありがとう!

これからは、1回目のサインで「んっ?」と気づけるよう精進します。
約束です。



 ☆クローゼットの過去記事は ⇒ こちら



COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://iesodate.blog33.fc2.com/tb.php/180-4bb7a1dd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

INFORMATION
新規ブログを開設しました

片づけ倶楽部 リコ

↑ こちらのバナーからどうぞ
プロフィール

ReCo

棲人:折谷 玲子
棲家:Maple Hut(飯綱高原)

家育てアルバム
写真をクリックするとアルバムにジャンプします