スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のなごりのラタトゥユ


長野は山国だから、海の幸が乏しいのはしょうがないね。
そのかわり、果物や野菜は豊かに実ります。
富山で生まれ育ったわたしは、結婚して長野に来た頃、お魚屋さんがないことをさみしく思いました。
でも住み慣れてきて友達や知り合いが増えると、いろんな人から果物や野菜を戴くようになりました。
その新鮮でおいしいこと!
とれたてのアンズは皮がやわらかくて、そのまま食べられることも知って驚きました。
リンゴもブドウもブルーベリーもプルーンも、とれたてはめちゃめちゃおいしいんです。
もちろん野菜もおいしい!
農家の方だけでなく、高原は野菜の栽培に向いているので、趣味で家庭菜園をしている方もたくさんいます。

9月も終わりごろに、この夏最後の収穫と、たっくさん野菜をいただきました。
今年は夏が長かったから、夏野菜はもう食べきれないほど収穫できたのだとか。
丸ナス、米ナス、普通のナス、ズッキーニ。
ピーマン、ボタンコショウ、、カラシにパプリカ。
トマトにミニトマト、ジャガイモ、玉ねぎ、きゅうり・・・。
どれも採れたてでぴかぴかです。
ありがたい。

ふたりでは食べきれないほどのナスを、
揚げびたし、味噌炒め、マーボナス、、ナスの田楽にナスのチーズ焼き、と毎日食べ続けました。
ナスが大好きなわたしは大喜びで、ナスが嫌いな夫yooは「ナス地獄だ」と嘆きながら。

さすがにわたしも飽きてきて、最後に残った野菜を、まとめてラタトゥユにすることにしました。
なぜかラタトゥユだとyooも喜んでナスを食べてくれます。
あまり凝った料理をしない我が家には、スパイス類は数種類しか持っていません。
最近料理ごとのシーズニングスパイスが豊富に売られているので、それをよく活用しています。
でも急に思いついたのでそれもない。
思い出したのは母の料理です。
わたしが生まれて初めて食べたラタトゥユは、母の料理でした。
テレビで見た、といってハイカラな料理をつくり食卓に並べてくれ、
それがとてもおいしくて感動したことを思い出しました。
それこそ実家には、スパイスもハーブもないはず。

そこで、味付けは塩とローリエとコショウだけで作ってみたのです。
顆粒のコンソメを入れるかどうか迷いましたが、最後に味を見てから決めることにしました。
トマトは使い切っていたので、ボウルにいっぱいのミニトマトを、ちまちまと湯むきして使いました。

結局コンソメで旨味を足す必要もなく、
もうそれだけで、充分、おいしくできました。
2~3日食べる覚悟で、鍋いっぱいに野菜を入れてつくったのが、
ふたりでぺろりとたいらげてしまいました。

野菜ってすごいです。
夏の太陽をいっぱい浴びて、旨味がぎっしりつまっているんですね。

暑い暑い今年の夏からの、素敵な贈り物なのでした。






COMMENT

お・い・し・そ・う!

Re: タイトルなし

めちゃめちゃおいしいなどと、恥ずかしいぐらい貧弱な表現しかできないのに、
共感していただいてありがとうございます。
真の感動は、言葉を失う、ということで(?)
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://iesodate.blog33.fc2.com/tb.php/177-e6e6cdb3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

INFORMATION
新規ブログを開設しました

片づけ倶楽部 リコ

↑ こちらのバナーからどうぞ
プロフィール

ReCo

棲人:折谷 玲子
棲家:Maple Hut(飯綱高原)

家育てアルバム
写真をクリックするとアルバムにジャンプします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。