ワイシャツのアイロンがけ、上手になりました


今年の初めにしつこく書いていた、
「ワイシャツのアイロンがけ苦手克服プロジェクト」 (12/01/04) (12/01/14) (12/01/20) (12/01/22)
その後どうなったかというと、

今はすいすい、るんるんとアイロン掛けしています。

シャツの逆さ干しがきいて、それだけでかなりきれいに速く掛けられるようになりました。
家事のルーティンも全体的に見直して、柔軟剤と糊付け作業もスムーズにできるようになりました。

かつて、シャツ5~6枚にアイロン掛けするのに、1時間近くかかっていましたが、
形態安定加工のシャツなら5分、難しいドビー織のシャツでも7分ぐらいで掛けられます。

一時、スピードアップに夢中になって、無駄のないアイロン手順も研究し、
まるで舞踏家のような動きで流れるように掛けています。

そう!、この「舞踏家」がキーなのです。

アイロン台の上でシャツをひっくり返すとき、ちまちまとやっていると台の上でシャツがくしゃくしゃになってしまいます。
ある日、テレビでソシアルダンスを何気なく見ていて、コレダッ!と気づいたのね。
男性ダンサーが、パートナーの女性を空中に放り投げるような振付のとき、
力強く大胆に、かつ繊細に投げてまたキャッチする、コレダッ!

シャツもそのようにさばきます。

それとキーがもうひとつありました。
それは、アイロンを持っていない手をどう使うかで、速さと仕上がりのきれいさが変わります。
これは、またこんまりさんの話になってしまいますが、こんまりさんがテレビで洋服を畳む様子を、
じーーーーっと見ていて気づきました。
利き手と反対の手が、すごく微妙な動きをしていることに。
コレダッ!!
それをアイロンに応用したら、変わりました。
おもしろくなって、スキーでもそれを意識したら、びっくりするほどフォームが安定しました。

と話はそれましたが、

楽しいですよ、アイロン掛け。
今では、ワイシャツだけでなく、枕カバーも華奢なデザインのTシャツにもアイロン掛けしています。
アイロンがいらないからと採用していた、タオルハンカチにも掛けています。
ある日、洗濯ものにアイロンが必要なものが1枚もなく、物足りなくて
ダブルの麻のシーツをアイロンしてしまいました。

枕カバーに糊をしてアイロンをかけると、ほんんんんっとに気持ち好いです (*^_^*)
もうやめられない。
で、シーツはというと、まあ普通でした。
麻のざらっとした質感が好きで麻のものを使っているのですが、アイロンをかけるとつるっとしてしまうので、
労多くして、満足少なし、なのかな?


これだけ楽しければ、「苦手克服」は大成功といえるでしょう!

日常がこんなに楽しかったら、非日常を外に求めて探し回る必要もないのです。
ますますヒキコモリになっちゃうなぁ~。


暮らしはレジャー、住まいはワンダーランドです。






COMMENT

先日は、お元気そうなお顔を拝見できました。 

お片づけムーブメント、動いていますね!

私の方も、ちょびっとずつ、お仕事が発生してきました^^

Re: 荒木様

なにかの うごき ひびき ながれ そよぎ
そんなことを五感で感じながら生きることは、楽しいことですね
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://iesodate.blog33.fc2.com/tb.php/163-9f38fb7b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

INFORMATION
新規ブログを開設しました

片づけ倶楽部 リコ

↑ こちらのバナーからどうぞ
プロフィール

ReCo

棲人:折谷 玲子
棲家:Maple Hut(飯綱高原)

家育てアルバム
写真をクリックするとアルバムにジャンプします