スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界最薄カップボード


先日パントリーを片づけました(12/06/12)
パントリーには使わなくなった収納グッズを仕舞っていて、それらの出番がまたあるかもと思ってとって置いたものの結局最後まで必要になることはなく、それらをいっさい処分してパントリーの中をすっかり片づけました。
そこで、やっと、キッチンの最終片づけにもとりかかれました。

来週は片づけレッスンの受講生さん達をお招きすることですし、
収納のお手本になるようにしておきたいですし。

キッチンの片づけは、「お片づけプロジェクト」を始めた頃、真っ先に片づけていますが、
キッチンとつながりのあるパントリーの片づけが終わっていなかったので、完成はしていなかったのでした。

シンクまわりの引き出しは先週片づけました。モノを全部出して、引き出しの底も拭き、きれいにしました。
今日はカップボードを片づけました。
一度片づけているし、それ以来モノも増えていないので、そんなにいらないモノはないはずと思ったのですが、
捨てるべきモノはちゃんと見つかりました。
ナゼか、片方しかない箸が4客も・・・、
プリンについていたスプーンがたくさん、
欠けているカップ、飽きて使っていない食器。

ついでに、使用頻度の低いものをしっかり分け、棚に余裕ができたパントリーに移動させました。
捨てたモノの量は少しですが、すっきりしました。

cupboard1    cupboard2
カップボードを、正面から見たところです。

cupboard3
このカップボードはオーダーでつくったもので、幅は90cmで奥行の有効寸法が23.5cmしかありません。
一般的にはどんなに浅くても、30cmはあるものです。
直径が23.5cm以上のお皿は、一番下に立てて仕舞っています。
 ※飛び出してこないよう、初めからストッパーもつけてもらいました。
常識外れに奥行の浅いカップボード、計画した時は不安もありました。
しかし、使ってみると、想像しえない使いやすさだったのです。
奥行があればそれだけ収納力はありますが、
前後に食器を入れてしまえば奥のモノは出しにくくなることは否めません。
それよりもひと並べになっていた方が、食器は見やすく、取り出しやすいので仕舞いっぱなしにならず、
言うことなしでした。
仕舞いっぱなしにならない、つまり、持っている食器が全部生かされているので、
これだけのアイテムと量があれば、日常は充分です。
(食生活が貧しいからかもしれないけれど・・・)
来客があってもフルコースでおもてなし、なんてしませんから、だいたいこれでだいじょうぶ。

cupboard4
またなぜこんなに常識外れの寸法になったかというと、上の写真をごらんください。
キッチンワークトップの奥行は全体で79cm、柱(建物の構造上絶対必要で動かせない)から右が65cm
ワークトップからカップボードの後ろの壁まで103cm
キッチンに立って作業ができるぎりぎりの寸法が76cm
残った寸法がカップボードに使える寸法で、103cm-76cm=27cm
27cmから扉と背板の3.5cmを引いて、有効寸法の23.5cmになりました。
というか、
それしかできなかったのです。

それしかできなかったとはとても思えない、絶妙の使いやすさです。



COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://iesodate.blog33.fc2.com/tb.php/160-d4745b2c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

INFORMATION
新規ブログを開設しました

片づけ倶楽部 リコ

↑ こちらのバナーからどうぞ
プロフィール

ReCo

棲人:折谷 玲子
棲家:Maple Hut(飯綱高原)

家育てアルバム
写真をクリックするとアルバムにジャンプします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。