スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイシャツのアイロン掛け、その後の霧吹き


ワイシャツのアイロン掛け、また一歩成長しました。
シワなくぴしっとアイロンを決めるためには、やはりアイロンの前の干し方が、おおきな要だったようです。

ワイシャツのアイロンがけを極めるために、始めに講じた対策は、
アイロンのシワ取り剤「スムーザー」を試すことでした。
これも一歩目としてはかなり効果はあったものの、気になったことはそのスプレー式シワ取り剤が周辺に拡散し、
床を汚してしまうことです。
しばらく前まで姉妹品のスプレー式洗濯糊「キーピング」を使っていたのですが、
床が汚れることに閉口して使用をやめています。

干し方が極まってきたので、シワ取り剤を使わず、普通に水を霧吹きでかけることにします。

「スムーザー」を使っているときにもうひとつ気になったのは、
ワイシャツ一枚に吹きかけるのにけっこう握力がいることでした。

トリガー(ハンドル)部分がもっと長ければ、軽い力で吹けるはず。
またひと拭きでよりたくさん霧が出れば、吹く回数が少なくて済むはず。
ホームセンターで使いやすそうな霧吹きを探しましたが、これと思うものがありません。

そこで、ネットで探してみました。
アマゾンのレビューを参考にして見つけたのが、
写真左の「ダイヤスプレーNO.500(株式会社フルプラ)¥767」です。
昨日注文して今日届いて、さっそくお試し!

霧吹き
トリガー部分が長いのがわかりますか?使用感はとても軽かったです。
霧の状態もムラがなく大きく広がり、ひと拭きでスムーザーの倍は出ている感じがします。
新しいせいかトリガーが少し滑るので、輪ゴムをまいて滑り止めにしました。

業務用も考えたのですが、お値段1万円超は高い・・・。クリーニング代の節約で始めた方針に馴染みません。
このダイヤスプレーで、大満足のシゴトができました。

ただ今度は、キーピングもスムーザーも使わないので、洗濯の時に糊付けが必要になります。
洗濯の途中で、ワイシャツだけ取り出して柔軟剤を使う手順もだいぶこなれてきたので、
その柔軟剤と一緒に洗濯糊も入れてみようと思います。

だんだん極まってきました。
シワなくキレイなだけでなく、アイロンにかかる時間もずっと早くなったような気がします。
時間が早く感じるのは、シゴトが楽しくなってきたせいもあるかな。
今度タイマーで計測してみよっと。

ダイヤスプレー
ダイヤスプレーの包装です(※クリックで拡大します)

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://iesodate.blog33.fc2.com/tb.php/126-a0219423

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

INFORMATION
新規ブログを開設しました

片づけ倶楽部 リコ

↑ こちらのバナーからどうぞ
プロフィール

ReCo

棲人:折谷 玲子
棲家:Maple Hut(飯綱高原)

家育てアルバム
写真をクリックするとアルバムにジャンプします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。