地震レポ 《後片づけついでに、いらないモノ処分》


地震のこと、続きです。

前回の記事をアップした後、地区の集まりがありました。
話題は地震の情報交換でもちきりに。
隣の地区では地盤が隆起した場所もあり、数日断水していたらしいです。
その地区の方でしょうか、物が散乱して住める状態ではないのに保険会社の査定を待たされ、片づけることもできずにホテル住まいされているとか。
この地区の方たちもとりあえず住めるようにしたけれど、10日経ってもそのままの部屋があると話す人も多かったですね。
割れた食器が段ボール箱に数箱になったと嘆かれる方もおり、それに比べたら我が家は半日ちょっとで後片づけが終わる程度で、大したことなくてよかったと改めて思いました。


Maple Hut で壊れたものは、前回お話しした衣類乾燥機と鏡、それからケメックスのコーヒーサーバー、ティーポット、テラコッタの生姜入れ、取り皿が3枚とガラスの風鈴です。

ケメックスのコーヒーサーバー(日記11/02/23)は、先々週オープンした東急ハンズで即刻再購入しました。
20年近く愛用していますが、これで4代目。ロングライフデザイン、ありがたい。

ティーポットは、注ぎ口を接着剤で補修して使っていたので、もう直さないで選手交代していただきます。
ボーンチャイナでほっこりしたかんじのが欲しいな~(*^_^*)
次の出会いをゆっくり待ちましょう。

生姜入れ(日記11/07/14)は20年ぐらい使っていました。
同じテラコッタで、もう一回り大きいものを探します。

富良野で買った風鈴(日記12/11/17)はちょっと残念。
補修して使おうかと、破片を集めてあります。

取り皿は、大勢の来客用に同じものが30枚近くあったので、問題なし。

割れたものは出しっぱなしで使っていた物がほとんどです。
食器棚のものは扉の耐震ロックが効き飛び出したりせず、食器が中で転がっただけで割れてはいませんでした。砂糖壺がひっくり返り、棚が砂糖だらけになっただけで済んでいます。
でも…、耐震ロックは上の段だけなんです。下の扉が開いていなかったのがこれまた不思議。
下の方がたくさん入っていましたからね。

cupboard2
   以前紹介したカップボードです(日記12/06/30)

耐震ロック
   耐震ロックが効いているところ
   勢いよく扉が開くとツメが飛び出し、ロックがかかる仕組み
   日頃荒っぽい私は、勢いよく扉を開けてはコレにガツンと引っかかっていました
   内心ジャマに思うこともありましたが、付いててよかった!ジャマにしてごめんm(_ _)m


壊れたものは少なかったものの、前回お見せした写真のように物が散乱しぐちゃぐちゃになったのは、実は申し訳ないぐらい夫yooの物ばかりだったのです。
yooは趣味の音楽に関する物はなにがなんでも捨てません。わたしの方で整理整頓して収納していたのでなんとか片づいて見えてましたが、それらは増える一方でもう限界でした。

yooと一緒に黙ってその惨状を見ていましたら(若干プレッシャー目線をおくりつつ)、
「ワカリマシタっ!ステマスっ!」とyooがついに宣言してくれたので、機を得たり~、とばかりに片づけフィーバーが巻き起こり、後片付けをしながら一気に色々なものを捨てていただきました~(^_^)v

音楽雑誌数十冊(昭和54年発行のもアリ!)、単行本と合わせて本を100冊ぐらい

数十本ある音楽ビデオテープ全部(実はデッキもまだある!)

20代の頃アマチュアバンドで使っていたマイクとアンプ(またバンドやるからって、ヤルヤル詐欺?)

初ボーナスで買ったラジカセ(35年前!)

高校時代に使っていた一眼レフカメラ2機(私も青春時代の思い出 Nikon のニコマートは40年もの?)

その他もろもろ。
私が音楽雑誌をヒモで括るのを手伝おうとすると、
「いいよ、自分でやる。
いままでありがとうございました!」
とちょっとウルウルしながらお別れしてました(*^_^*)

そしてyooに捨ててもらうだけでなく、実は今まで捨てられなかった自分のもの、
主には建築の仕事で使っていたサンプル類をガッサリ一緒に捨て、スッキリです!
※産業廃棄物扱いなので指定業者さんに持ち込み(処分費有料)

地震 03
   後片づけをしながら仕分けした不用品
   棚に戻す時に捨てるものと残すものを仕分けすれば一石二鳥というもの
   むしろ物が減って後片づけがラク!
   左上の木箱は、アパート時代に私がつくったもので、本がなくなったので容れ物ごと処分です
   黒いファイバーボックスも4つぐらい処分しました
   クライアントさんのサポートでもそうですけど、片づけると収納グッズがいらなくなります
   この他に不燃のゴミ袋30リットルに二袋ぐらい、だったかな?



ひどいことになったのはyooの物ばかりで「申し訳ない」、とつい胸によぎったのは、やっぱりいらない物は捨てようと上手に促していればよかったと思ったからでした。
増え過ぎた物を収納するため、棚の上に棚を重ね、無理な収納をしていたのでこんなに酷いことになってしまったのです。
片づけサポーター、大反省(>_<)

片づけのクライアントさんからも、地震の直後に「片づけしてよかった」とメールをいただきました。
「片づけ」は災害の備えになることを自ら体験することができ、本当に良かったと思います。



地震の話し、まだつづきます。



INFORMATION
新規ブログを開設しました

片づけ倶楽部 リコ

↑ こちらのバナーからどうぞ
プロフィール

ReCo

棲人:折谷 玲子
棲家:Maple Hut(飯綱高原)

家育てアルバム
写真をクリックするとアルバムにジャンプします