スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーバースプーン


さて、前回の記事の続き。

2013年の半分が終わろうとしているいまごろ、
2012年のお買い物大賞のご紹介です。

昨日紹介しました1品目は、フランフランで買ったオーバルのお皿。

今日紹介する2品目は、無印良品のサーバースプーンです。
(無印良品:シリコーン調理スプーン850円)

  写真はこちら ⇒ 記事2013/06/29

某料理研究家のエッセイで紹介されていた、
その方がデザイン開発をされたというサーバースプーンが欲しかったんです。ホントは。
それはもう形がキレイ!黒くてカッコイイ!、でも、ゴセンゴヒャクエンもする!
あったら便利そうだなぁ~、いいないいなぁ~、値段がねぇ~・・・。
他にもないか探してはみたのですが、それに匹敵するほどカッコイイものはありません。
ステンレスのもありましたが、スプーンのおばけみたい。
別の料理研究家のショップのものは、柄のところにカワイイ模様があって、ザンネン。
価格は1~2,000円ぐらいで、まあまあなんだけど・・・。
奮発して気に入ったヤツを買うかな、と決心しようとした頃、
無印良品でこれに出会いました。

実際には「サーバー」ではなく、調理用のスプーンなので、求めていたものとはちょっと違いました。
しかも、形は少しバランスが良くない。
でも値段は悩むほどではないので、見つけてすぐにお買い上げ!


これがもう、使いやすいのなんの。
バランス悪い、なんて言ってゴメンナサイ。マイリマシタ。

全体がシリコンでできているのですが、芯の入れ方が絶妙です。
すくう部分の縁だけ芯がないので、スクレーパーの代わりにもなるんです。
つまり、鍋から調理した食材をよそう時、すくい残しが出ないのです。
とろみのある料理もきれいさっぱりよそえます。
縁が柔らかいと、サトイモの煮っころがしも型崩れすることなくよそえます。

柄の部分とすくう部分がまっすぐに作られていますから、
お皿に食材をすっと滑らせて盛り付けがきれいにでき、サーバーとしても充分使えます。
サーバー専用ではないので、すくう部分の容量が小さいのは仕方ありませんが、
あまりの便利さに、それはまったく気にならなくなりました。

元々は調理スプーンですから、炒めものの時などに、ターナーや菜箸の代わりとしても使います。
中華料理の職人さんが、お玉で調理する、あの感じです。


というわけで、求めていたのは「サーバー」だったのですが、
予想外に便利な調理道具がひとつ、我が家にやってきました。


あまりの使いやすさに、毎日使うたび感心しきり。

2種類の料理を盛り付けるときにいちいち洗うのが面倒になり、
悩んだ末、もうひとつお買い上げ、同じものがふたつになりました。



スポンサーサイト

オーバルのお皿


明日で6月も終わり。今年も半年過ぎました。
半年が終わる前に、昨年2012年のお買いもの大賞の発表です。
(いまごろかっ?)


片づけをするようになってから、
自分に必要なモノが、住まいにちゃんとあることが分かってきたから、
「あれとか、これがあったらいいのに・・・」、とは思わなくなりました。

モノってそんなになくても快適に暮らせる、
なきゃないで工夫すればいい、
とも思うようになり、
工夫しているうちに、工夫することが楽しくなってきました。

あまり買い物をしなくなったなぁ~。
買い物をする必要がない、というか。


そんな中、昨年のお買い物の中で、「出会いだ!」を感じた2品を紹介します。

まずは、少し深さのあるオーバルの白い皿。
フランフランで買いました。
長辺が22cm、短辺が15㎝、深さが4cmです。

※写真のお皿に乗っているのは、長さ26㎝のサーバースプーンです。

table ware

以前、これに近いサイズのグラタン皿を持っていて、とても重宝していたのですが、
シミだらけになったのでだいぶ前に処分しています。
オーバルのお皿ないかな~、とずっと探していたのですが、どれもいまひとつおしい感じで。
楕円の形がぼってりしてたり、大きかったり小さかったり、また深すぎたり、
同じ白でも、微妙な色合いが美味しそうではなかったり。
1~2年はのんびりと探していました。

やっとみつけたぁ~(^O^)/
温かみのある白、しゅっとした美しいオーバルです。
控えめな縁のしのぎ模様が、表情の程よいアクセント。
深さの曲線がなだらかで、とてもイイ!
この曲線のおかげで、山盛りでもちょこっと盛りでも絵になり、盛り付けしやすいのです。
カレー、チャーハン、パスタに焼きそば
エビチリ、麻婆豆腐、
ポトフみたいなスープの多い料理、
トマトの輪切りを並べて塩コショーでシンプルに、
インゲンを茹でておかかにマヨネーズ掛け、

何料理でも美味しそうに見せてくれます。

横長なので、アジの開きとか焼き魚にも使います。

ほとんど毎日、なにがしか盛り付けて、テーブルにご登場なさってます。
二人分の2枚しか買わなかったので、同じものをまだ売っていたらもう2枚追加で買おうかな?


お次は、シリコンのサーバースプーン。

サーバースプーンは、もしかしたら5、6年『あったらいいな~』と思い続けたかも。
熱心に探していたわけでもないのですが、ようやく我が家にやってきました。
これもとても使いやすくて、悩んだ末もう1本買ってしまいました。

(続く)

片づけのセオリー


久しぶりのエントリーです!
4月5月と設計の仕事が手一杯で、ブログは放置状態でした。
先日偶然町でであった友人に、
「どぉーしたのぉー?また具合が悪いのかと思って心配しちゃったぁー!
連絡していいか迷ってたのよぉー」
めんぼくない(-_-)
訪問してくださっている皆様にもすみませんm(_ _)m


放置していたのはブログだけではなく、家事もほったらかしで、家は散らかり放題。
その有様にyooからは、「片づけ屋さん、でしたよね」とからかわれる始末。

とほほです。
サポートさせていただく方やレッスン生さんたちが、お忙しい日常の中片づけに取り組んでくださることに、
今更ながら頭が下がる思いでした。

そんな散らかり放題の我が家に、先週ついに「片づけ」のことで来客があり、やむにやまれず片づけました。
そしてわかったことがあります。
片づけ始める前は、テーブルの上がモノで溢れ天板が見えないくらい、洗濯物も取り込んだっきり山盛りに。
お客様を招けるようになるまで半日はかかるかと思いきや、
出しっぱなしになっていた全てのモノを元に戻し、家中の掃除まで終わらせるのにかかった時間は、1時間半~2時間でした。

自分でもびっくり、こんなに早くリセットできるとは!


片づけのセオリーに、
「すべてのモノに指定席を」とあります。
片づけや収納をテーマにした本には、必ず書いてありますし、リコの片づけレッスンでもそのようにご指導しています。

荒れ放題の自分の住まいを片づけてみて、その威力を実感しました。
確かに、すべてのモノに指定席があれば、リセットはあっという間にできました。

これからは、もっとそのことを、自信を持ってお伝えしていきたいと思いました。


でもね、
すべてのモノに指定席って、ほんとうにできるの?
モノと部屋がどんな状態であろうと、ある意味それが指定席になっているともいえるし。

指定席の与え方には、いくつかコツがあります。
そのひとつは、モノをできるだけシンプルな分類にするということです。


そんなコツも、リコの片づけサポートとレッスンでお伝えしています。



≪お詫び≫
片づけレッスンの夏講座は、準備ができなくて中止させていただきました。
すみません、秋には開催したいと思います。










INFORMATION
新規ブログを開設しました

片づけ倶楽部 リコ

↑ こちらのバナーからどうぞ
プロフィール

ReCo

棲人:折谷 玲子
棲家:Maple Hut(飯綱高原)

家育てアルバム
写真をクリックするとアルバムにジャンプします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。