スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本を片づけました


昨年暮れテレビで、こんまりこと近藤麻理恵さんの片づけを見てから、
こんまり流片づけで、我が家のクローゼットの片づけを実践してみました(12/01/30)
その後こんまりさんがどんな片づけを提案しているのか興味が湧き、遅ればせながらベストセラーとなっているこんまりさんの著書「人生がときめく片づけの魔法」を読んでみました。
とても共感するものがあり、一気に2回読みました。
そしてその本を読んだ直後から、自分の本棚が『ここを片づけてくれー、片づけてちょうだいなー』とわたしに訴えいるように感じ、とても気になりだしたのです。
わたしの本棚は、お片づけプロジェクトで2回片づけをしています。
現時点で、本棚は隙間なくぎっちり本が詰まっていて、その後新しく買った本が10冊程度デスク脇に積まれた状態でした。
片づけたつもりでいましたが、これ以上本が増えればアウトです。
2回も片づけ、収納のキャパにあった量に減らしたとはいえ、まだ本当にやるべき片づけをしていないような気がしていて、実は心の隅でずっと気にはなっていたのです。

そこで昨日、こんまりさん流の「本の片づけ方」を参考に片づけをしました。
わたしなりに押さえたこんまり流ポイントは、

1.本は全部棚から出してから、いらないモノと残すモノを分ける
本棚に収納されたままでは、本が『眠って』いる状態。棚から出すことで本を目覚めさせなければ、その本が必要なモノかどうか判断できない

確かに以前片づけた時は、本棚に並んだ状態で背表紙だけ見てやりました

2.(本に限らず全てのモノに対し、こんまりさん流にいえば)手に取って『ときめく』モノを残す
「モノを選ぶときは自分の体に聞いてみて、モノの置き場所を決めるときはおうちに聞いてみる」(著書より)

この『ときめき』ということ、初め耳にしたときはなんだか気恥ずかしく思いましたが、著書を読んでその意味がわたしなりに理解できました。
それがいるのかいらないのか(捨てるのか持ち続けるのか)を『理性(思考)』で考えると、『使えるからいる』とか、『思い出があるからいる』、『“いつか”また読む“かも”しれないからいる』という判断になりがちです。
それはよくある判断だけれども、同時に捨てられない街道まっしぐらの判断だということをわたしは経験済み。
そこを、『ときめき』という『身体の反応』、つまりモノと自分の波動が共鳴するかどうかをみることで、理性だけではなく自分の存在そのもの(本能の直感というのか?)に、いるのかいらないのか訊いているのだと思います。これ、すごい!

3.本は手に取るだけで、絶対開いて読み返さない

これは先にあげた、『理性(思考)』の判断と『本能の直感』の判断と、きっちり区別するためだと思います。
ちゃんと読み込んで自分のモノになっている本は、どんなに古いものでも表紙を見ただけで中身を思い出すことができ、そうでないモノ、手に持ってみてなにも感じないものほど、なぜか開いてみたくなりました。
情報は、よく言われることですが鮮度が命。途中まで読んで挫折した本も含め、中身を思い出せないということは、その時点で自分には必要ない本だったということ。まして買ってから何年もたった『挫折本』に、持ち続ける価値はなし。


さて片づけの、一部始終です。まずは棚から全て出し、家中にある本を一か所にまとめて床に積み上げました。
単行本、雑誌のバックナンバー、カタログなど仕事の資料、テキストやマニュアル、レシピなど、辞書を除く全てです。
 ※鉄則:片づけるのは自分のモノだけで、夫のモノは決して扱いません
book1


まずは、残すモノと処分するモノに分けました。
左が残すモノ、右が処分すると決めたモノです。だいたい3分の1になりました。
処分を決めた本の中には、1979年発行のアンアン(!)、1976年のロッキンオン(!)、今はなきFOCUSの創刊号(!)がありました。その残り方に、なにか哲学的なものを感じますが、今のわたしには必要のない哲学であることを、やっと確認し手放しました。
book2


処分を決めた本を、紐でくくって玄関に置きました。
捨てるのだけど、本のあたまに積もった埃は払って。
手前の3つは、残すと決めた本を本棚に納める時に、やはりいらないなと判断したものです。
逆に処分するために紐でくくる時に、敗者復活した本も何冊かあります。
数えてみたら、捨てる本は約500冊ありました。
book3

今日の本棚のようすです。
この中に納まっていた夫の本は、分けて夫のデスクの横の本棚に移動し、ここにあるものはわたしのモノだけです。
このほかには、クローゼットの中にテキストとマニュアル本、わたしのデスクの横に大事な本が10冊ほどあります(吉村順三さん、中村好文さん、ル・コルビュジエさん、立花隆さん、佐々木直彦さんの本です)。
book4
本を仕舞っておくことがお仕事の本棚さんですが、
今まで収納率120%の過酷な仕事を強いられてきました(わたしに)。
本の片づけをしている一時、空っぽになってしばしの間休息していただきました。
これからもよろしくね。

建築の仕事に復帰するプレッシャーに、『わたしの持っている情報は、古くて使い物にならなくなっているし…』ということがありました。
本棚がこの状態だと、『新しい情報、カモ~ン(^_^)v、まとめてかかってこい!』です。

これまでビフォー写真のないのが特徴のこのお片づけプロジェクトでしたが、本棚のビフォー写真が過去記事の中にありました(こちら⇒10/12/16)。本棚の上にも、ぎっしり文庫本が積み重なっています。


スポンサーサイト

ジャイアントスラローム大会


テーマ「家育て」はそっちのけでスキーの話題が続きます。
先日12日日曜日、裏の飯綱高原スキー場で第43回長野市民スキー大会(GS)が開催され、参加しました。

風邪の余波で身体が怠く、集中できそうもないからアブナイな、
今季はスピードトレーニングのチャンスがなく、基礎練習しかしてない、スピードがコワいな、
などと朝から不参加の言い訳探してうだうだしていたら、クラブの仲間からメール。
「部員全員、入賞目指してガンバロー」
はいはい、がんばります。
がぁーーーーっとスキーのワックス剥いで、ワンピ(レーシングワンピース)に着替え、とっとと出かけました。

昨年末に、オリンピック元滑降代表の富井剛志さんのコーチを受けるという、スゴイ機会がありました。
しかも、我がスキー部のキャンプに出前されてのプライベートレッスンです (^O^)
その時シーズン初めだということもあり、内容はレーシングというよりジミ~なベーシックトレーニングだったのです。
「このジミレンが効くんですよ。選手時代はシーズン初めに、うんざりするくらいコレをやったんですよ」、
とは富井さんの弁。
これがね、地味だけどホントに効いたの。自分のフォームが、強制的に矯正される感じ。
正しいフォームで滑るとこんな感じなんだと、自分の身体でもって体感でき、理解できるのです。
そして思いました。今まで、自己流でやみくもに滑るばかりで、「基礎」をやらずにいたことを。
ポールを張ったコースでの練習では、『なんかアタシって、スゴイことやっちゃってるカモ』と、
中身のない自己満足するばかり。

今季はちゃんとこの基礎練習をやろう、地力をつけようと、仲間とも滑らず、ひとり黙々と基礎練習に励みました。
そのために、スピード系の練習をゼンゼンしていない。
だいじょうぶか、怖い気がして腰が引けちゃうとますます危ない。

ゲレンデで合流した我がスキー部員たち。
「いっくよ~!」と一言、
キーンと冷えた空気を、まるで鋭いナイフで切り裂くかのように、
一気にまっすぐに、山を滑り降りていきました。
それを見ただけで、
カチッ!
音立てて、わたしのスピード系スイッチがONになりました。
ヘルメットの風切り音が聞こえなくなるほど、集中する。
あ~気持ちいい。
スピードを上げているのに、雪面からのレスポンスが、まるでスローモーションのようにゆったりと感じられる。

コースインスペクションを2本行い今日の旗門を確認し、道具に挨拶しながら自分のスタートを待ちます。
アトミックの板、よろしく!
レグザムのブーツ、頼むよ!
ジプロンのストック、調子どう?

なぜか、スタート前のいつもの緊張がありません。
旗門はいつもわたしに知らんぷりするのに、今日はなぜか「おいでおいで」をしてくれているようです。
スタート信号が、ピーッ!ピーッ!ピーッ!GO!スタート!・・・・・・・あっというまにGOAL!
あっというまです。

滑り終えて気づきました。旗門が怖くなかった。
タイム競技なのに、わたしは旗門をぐるーっと遠回りしてしか滑れませんでした。それは旗門が怖かったから。

なんで、どうして、今日は全然旗門が怖くない。すごく楽に滑れました。なんかわたし、変わってしまった。
でも今までの癖で、やっぱり遠回りして滑ったからタイムはひどいもんです。
もう一回滑りたい!こんどは旗門をガンガン攻めてみたい!早く練習に行きたい!

というわけで、レースの結果は、2位でした、と聞いたら「うっそ~」と思うでしょ。
一般女子の参加者2名だったのです (>_<)
100分の1秒を競う競技なのに、1位と6秒以上開いてそれでも2位は2位。
申し訳ないなぁ~と言いながらも、ちゃっかり表彰式に参加し、表彰台に乗り、銀メダルをいただいてまいりました。

その模様(写真)を、一緒に参加して1位だったみかんさんが、ブログにアップしてくださいました。
よろしかったらそちらもご覧くださいませ ⇒ みかんさんのブログ
みかんさんは、お仕事に子育てに、女性としてスキーヤーとして、まっすぐ前を向いて歩いている人です。
ブログを読んで、みかんさんが心に刻んだことをわたしも追っかけ、いつもほのぼの笑わせていただいてますよ~

我がスキー部は、ちょっかりスピード命のヒト、パウダーバックカントリーしか見えてないヒトなど、
変態男子ばかりの中で、肩身の狭い思いをしているわたくし女子ひとり。
みかんさん!スキー女子友ができて、うれしいです~!



  • 2012/02/11/Sat 18:12:29
  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:飯綱便り

カゼとスウィーティ―


ひどい風邪をひいてしまい、記事の更新が遅れていました。
久しぶりに本格的な風邪でした。
大寒波の中、イントラのバイトをしたのが効いたみたいです。
ヤッパリ、老体には若干無理があったか・・・。
食事がとれなくて体力もますます消耗し。ただでさえ食欲がないのに、何を食べても苦いだけで味がしない。
そこで、そだっ!と思ってスウィーティ―を食べてみました。
ひとからいただいたまま、冷蔵庫に眠っていたやつ。
苦み走っていて、大好きな季節外れの八朔みたい、とってもおいしかった(*^_^*)v
果物と、トマトジュースと、ゼナでしのいでおりました。

いつもなら、くしゃみや鼻水ぐらいの段階で治してしまうので、
風邪で寝込んだのは本当に久しぶり! 風邪ってこんなにツライものだったんだ。
布団の中でふーふーいいながら、療養しておりました。
いろんな面白い夢を見て、
それが面白かったことだけ覚えていてどんな夢だったかすっかり忘れてしまい、
ちっぽけなプライドに必死にしがみついて生きてきた自分を笑え、
熱のある非日常が与えてくれた、いつもと違う気分と視点を楽しんでおりました。

という強がりも快復してきたから言えることでしょうか?

icicle
   date:2012/02/03

さむいですよね~、北側の軒下に、こんなにつららが伸びています。

今日はまず、シーツもパジャマもたんまりたまった洗濯物をやっつけ、
シャツにアイロンをかけ、
病み上がりですから無理せず休み休みざっくりと家をお掃除し、
普通の一日を過ごしました。

イントラのバイト、初日


スゴイ寒波がきています。

西高東低の天気図は、等圧線がスゴイだんだら模様になっていました。
そんな中、修学旅行の学生さんを迎え、スキーインストラクターのアルバイトをしてきました。

ツカレタ・・・。

モウ、泣キタイ・・・、とぐったりして帰ってきたのに、なんだろうこの充実感。

明日もがんばるぞー。

生徒さん達、もう寝た?
修学旅行は記録的な大雪で、それも楽しいね!

先輩インストラクターの女性に、
「こんな天気の日はやりにくいですよね~、学生さんもたいへんですよね~」と訊いたら、
「あらぁ~ワタシ、こんなお天気の日はぁ、なんだかワクワクするの~」
そっか!それだ!

わたしもしっかり寝て明日に備えよう!
オヤスミナサイ。。。。
 
INFORMATION
新規ブログを開設しました

片づけ倶楽部 リコ

↑ こちらのバナーからどうぞ
プロフィール

ReCo

棲人:折谷 玲子
棲家:Maple Hut(飯綱高原)

家育てアルバム
写真をクリックするとアルバムにジャンプします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。