スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワードローブの引き出しを整理


昨年暮れの大掃除シーズン、片づけコンサルタントのこんまりさんがテレビで大活躍でした。
どんどんきれいになっていく部屋、わたしは目をお皿のように見開いて、瞬きも忘れて見入っておりました。

そんな中で注目したこんまりさん流衣類の畳み方は、
両脇を畳んだら、3対2で二つ折り、二重になっている部分をまた二つ折り、残りの部分に被せるように二つ折り。
今までの自分の畳み方と似ているようで、やってみると全然違いました。
「畳んだ衣類が自立するように」というこんまりさんのアドバイスどおり、ちゃんと立ちます!ふしぎー(^O^)/

ポイントは3つです。

1.襟など、大事なところは内側に
えぇ~反対だと思ってた。内側にするとかえって皺にならないの?と思ったけど、
やってみると大事な部分を他の部分がクッションのように包み込む感じになり、仕舞い皺ができにくい感じがする。

2.手の熱でアイロンをかけるように皺を伸ばしながら
最初はうまくいまず、かえって皺になってしまいましたが、少し掌を浮かせるようにすると感動的にきれいに畳めました。

3.左手(利き手と反対の手)を、的確に添えながら畳む
これが一番注目でした。
早くきれいに畳むコツは、この左手にあると睨みました。同じシーンが繰り返し流れたので、じっくり見ましたよー!
 ※この左手使い、その後いろんなところに応用しています。ちょっと目からウロコです!

さっそく我が家のタンスの引き出しを、教わった畳み方に変え、入れ直してみました。
以前クローゼットを片づけた時に、6杯にいっぱいだった引き出しのうち、2杯が空になっています。
仕舞うものがないので空のままにしていたのですが、ついでにちょっとそれも見直し。
  ☆クローゼットのお片づけ、過去記事はこちら ⇒ (11/03/24)  (11/06/06)  (11/06/13)

wardrobe1    wardrobe2
写真左:一番上の引き出しは、夫のワークシャツ、トレーナー、ポロなど
写真右:2段目は、夫のTシャツ、ロンT、フリース、など

wardrobe3    wardrobe4
写真左:3段目はわたしのTシャツ、カットソー、スパッツ、など
写真右:4段目は二人分のジーンズ、チノパン、イージーパンツなど

以前は、平たく畳んで上に積み重ねていました。
大きめに畳む方が仕舞い皺ができないのでは、と思ったいたのですが、
小さく畳んで立てて収納したほうが衣類に重みがかからず、皺ができにくいことがわかりました。
見やすくて取り出しやすいし、一石二鳥でした。
こんまりさんは、手前に薄い色を、奥に行くにしたがってだんだん濃い色を、とアドバイスしていました。そうすると、スッキリ見えるし、自分の好きな色の傾向がよくわかるからということで。
その点は自分流に変更し、色は気にせず、洗濯が終わったらどんどん手前に入れています。
そうすることで、出番の少ないものは自然に奥に行き、処分を検討するときに判断しやすいので。

wardrobe5    wardrobe6
写真左:5段目、空いていた引出しに、増えてきたキモノ類を仕舞いました
キモノ用のコート、ゆかた、長じゅばんなど(これらは、幅の狭い洋箪笥の引き出しにも入るので)
写真右:一番下6段目は、シーズンオフのワイシャツ
クリーニングハンガーに掛けていたものを、畳んで引出しに仕舞い、その分パイプハンガーに余裕ができました。

いかがですか?
わたしは引出しをあけるたびに、気持ちが良くてうっとりしています。

こんまりさん、アドバイスありがとうございました (*^ー^*)/
  
スポンサーサイト

宵闇紺 twilight blue


ユーミンの古い曲に、こんなシーンがありました。

  ランプを灯せば 街は沈み
  窓には部屋が映る
  振り向けばドアの隙間から
  宵闇が忍び込む

twilight blue
   冬の夕暮れ、窓に映る部屋の明かり
   date:2009/12/14

雪の色は、しろ? あお?
  

ワイシャツのアイロン掛け、その後の霧吹き


ワイシャツのアイロン掛け、また一歩成長しました。
シワなくぴしっとアイロンを決めるためには、やはりアイロンの前の干し方が、おおきな要だったようです。

ワイシャツのアイロンがけを極めるために、始めに講じた対策は、
アイロンのシワ取り剤「スムーザー」を試すことでした。
これも一歩目としてはかなり効果はあったものの、気になったことはそのスプレー式シワ取り剤が周辺に拡散し、
床を汚してしまうことです。
しばらく前まで姉妹品のスプレー式洗濯糊「キーピング」を使っていたのですが、
床が汚れることに閉口して使用をやめています。

干し方が極まってきたので、シワ取り剤を使わず、普通に水を霧吹きでかけることにします。

「スムーザー」を使っているときにもうひとつ気になったのは、
ワイシャツ一枚に吹きかけるのにけっこう握力がいることでした。

トリガー(ハンドル)部分がもっと長ければ、軽い力で吹けるはず。
またひと拭きでよりたくさん霧が出れば、吹く回数が少なくて済むはず。
ホームセンターで使いやすそうな霧吹きを探しましたが、これと思うものがありません。

そこで、ネットで探してみました。
アマゾンのレビューを参考にして見つけたのが、
写真左の「ダイヤスプレーNO.500(株式会社フルプラ)¥767」です。
昨日注文して今日届いて、さっそくお試し!

霧吹き
トリガー部分が長いのがわかりますか?使用感はとても軽かったです。
霧の状態もムラがなく大きく広がり、ひと拭きでスムーザーの倍は出ている感じがします。
新しいせいかトリガーが少し滑るので、輪ゴムをまいて滑り止めにしました。

業務用も考えたのですが、お値段1万円超は高い・・・。クリーニング代の節約で始めた方針に馴染みません。
このダイヤスプレーで、大満足のシゴトができました。

ただ今度は、キーピングもスムーザーも使わないので、洗濯の時に糊付けが必要になります。
洗濯の途中で、ワイシャツだけ取り出して柔軟剤を使う手順もだいぶこなれてきたので、
その柔軟剤と一緒に洗濯糊も入れてみようと思います。

だんだん極まってきました。
シワなくキレイなだけでなく、アイロンにかかる時間もずっと早くなったような気がします。
時間が早く感じるのは、シゴトが楽しくなってきたせいもあるかな。
今度タイマーで計測してみよっと。

ダイヤスプレー
ダイヤスプレーの包装です(※クリックで拡大します)

アイ ラブ スキー えん スノー


リビング北側のピクチャーウインドウ(11/06/08)から、林の向こうに飯綱高原スキー場のCコースが見えます。

今しがた、コースにピステン(圧雪車)のヘッドライトが光っているのが見えました!!!
OHHH!今季初めてです!
思わず小雪が舞うテラスに出て、暗闇に向かってピステンに手を振るわたし。

今年の飯綱は気温が低いわりに、積雪はとっても少ない (-_-)
二日前の信濃毎日新聞に、飯山市が記録的な大雪だと知らせていました。
こんなに積雪の地域格差があるのもめずらしい。

飯綱高原スキー場は積雪がなくて、滑っていてもあちこちブッシュがでていて
ピステンが入っていないからコースも地形がむきだしで、滑りにくいったらありゃしない。

もう大丈夫だあ!
コース整備のおにいさまぁー!夜勤、おつかれさまでーす!よろしくお願いいたしまーす!

あ・し・た・は、ファーストトラック、いただきますか?
板にワックスかけよっと!

ロコのお楽しみなのでした(ふふっ)。

今流れている曲は「わたしはかぜ」
わたしの気分は「わたしはふぶき」

  ☆スキーワクシングの記事はこちら ⇒ (11/13/01)  

洗濯、たー!のー!しぃー!


ワイシャツアイロン掛けプロジェクト(名前、あったの?)、だんだん楽しいカンジになってきました!

洗濯ものを干すときに、ぱんぱんとたたくのは繊維を柔らかくするためだと教えていただき、
ならば軽くまるめてぱふぱふとやってみました。
そのほうが簡単で早くシゴトができると思ったからなのですが、
すばやくざっくり畳む方法を編み出したので、そっちのほうが早くて確実になり、またやり方を変えました。

洗濯機からワイシャツを取り出す時に、襟の真ん中あたりをつまんで『しゅぅぅっ』と取りだすと、長い棒状の形で出てきます。
もう一方の手にその棒状の真ん中あたりを掛け、半分に折り、また半分に折ればぱんぱんしやすい大きさになりました。畳む、というより、ただ『小さくまとめる』、というカンジ。
洗濯機からシャツを取り出し、ぱんぱんし終わるまで5秒ほど。億劫なことは全くありません。

それから、シャツの逆さ干しも進化(おおげさ?)しました。
角ハンガーの使い方の習慣を変えなければならないことを、とても面倒に感じていたのですが、
逆さ干しの良さを知ったらそれも感じなくなり、積極的にやっています。

逆さ干しでは皺が伸びやすいだけではなく、もうひとつメリットを見つけました。
襟やカフス、袖、前立てをぴんぴんと引っ張りやすいのです。

なんで???あれっ???いつもより楽にできる???

観察してみると、角ハンガーに逆さ干しした方が、ハンガーに掛けているときよりぴんぴんしたい箇所が下にあります。
ハンガー干しだとシゴトをするときに、腕を肩の高さまで挙げなければなりません。
ぴんぴんする箇所が手元近くにある、それだけでシゴトがとっても楽~~~!
楽なので今までよりずっと丁寧に、全体をまんべんなくぴんぴんしました。

するとね、
ワイシャツさんが、気持ちよさそうに身もだえして喜んでくれちゃって、
ますます丁寧に洗濯してあげたくなるのでした。

次は早くアイロンを掛けたくて、洗濯ものが干してある納戸に行くたび、シャツに触って乾き具合をチェック。
(さっき干したばかりなのに)
納戸に用がなくても、わざわざ行ってシャツをチェック。

アイロン掛けはまだまだ免許皆伝とはいかないものの、
たぁ~のぉ~しぃ~~~く、なってきました v(*^ー^*)v

  ☆ワイシャツのアイロンがけの話題、過去記事はこちら ⇒ (12/01/04) (12/01/14)
  

すいすいと、他人と交わり、バイトが決まり


スキーインストラクターのアルバイトを始めました。
というと、「え~スゴイ、そんなにスキーが上手なんだ!」と驚かれたりしますが、そんなに上手ではないのです。
関西や九州から修学旅行でスキーにやって来た高校生や中学生に、スキーを教える、
というか3日間ほど一緒に安全にスキーで遊んであげる、そんなアテンダントです。
(そのギョーカイでは、別名インチキラクターと呼ばれ、日本語が話せて2本足で立てればやれます・・・?)

しかし若い子たちはスゴイです!!特別な事をしなくても、2日目にはもう初心者コースをボーゲンで降りられます!!
かなり大人になってから始めたわたしは、そこまでで一シーズンかかったような・・・。

5年ほど前まで時々このアルバイトをやったことがあって、今年もどうですか?と、以前お世話になったスキー学校から誘われていたのですが、もうとても体力に自信がなくて、お断りしていました。

おととい家のすぐ裏にある飯綱高原スキー場へ、ひとりで滑りに行き、
基礎練習をしたかったので、普段は行かない初心者コースに行ってみました。
そこに修学旅行の学生さんたちが団体で講習を受けていて、あぶないので少し空くのを待ちながらなにげなく講習を眺めていると、インストラクターさんの年齢層が結構高いことに気づきました。

『え~、わたしももしかして、まだだいじょうぶかな?』
と思ったが吉日、そこに立っていたスキー学校のユニフォームを着た監視員のような方に、声をかけてみました。
「突然ですが、インストラクター人員が必要でしたら、わたしもやらせてもらえませんか?一応経験アリです」
「じゃあ学校事務所に寄って、登録してってね」と即答!
「あの~、わたしの滑りをテストしなくてもいいのですか?」
「雪の上での立ち方見ればだいたい見当つきますよ。OK!OK!」
あら~、思いついて1分でバイト決まっちゃった。

それで、すぐに事務所に行ってマネージャーさんに自己紹介したら、
「ものは相談ですが、明日のナイター講習に出れませんか?インストラクターに欠員がでてしまって」
というわけで、さっそく昨夜はインチキ、いやインストラクターのアルバイトをこなしてきました。

久しぶりなのでちょっと緊張しましたが、生徒さんたちはすでに2日間、ベテランインストラクターさんから講習を受けていて、もうすっかり滑れるようになっていたので、
みんなでトレースしながらすいすい、きゃーきゃー滑ってきました。


以前のわたしは、こんな風に気軽に知らない人に声をかけるなんてできませんでした。
ほんとうは他人が怖くて、それを隠すために強がって、そして強がる加減がわからずに、
人に対してとても高圧的な態度になってしまうことがしばしばでした。

そのくせ、イイヒトに思われたくて、自分を抑えて作り笑いしていたり、矛盾だらけでした。

だんだん、そんな矛盾がなくなってきたの。
他人に対する構えがなくなってきたので、誰にでも気軽に挨拶して、なにげない会話が楽しめるし、
また知らない人から声を掛けられることも、自然に多くなってきました。

自分の中から、他人と敵対するなにかが消えると、
じんわり楽しいです。
穏やかでとても平和です。
   

食器洗い機、買い替え検討中


食器洗い機の買い替え検討のため、ミーレ社製の展示品を見に行ったその後です。
現在使っている機種の運転音が48dBで、ミーレのものが46dBと、「2」しか違わないのにミーレのものは静かだったと書きましたが、間違いを指摘されました。
「dB」とは音の大きさを表わす単位なのですが、それは「対数」なのだそうです。
(対数ってなに、とわたしに訊かないでね。説明できませぬ)

2dB=10の0.2乗倍≒1.6倍、なのだそうです。
これが3dBだと、
3dB=10の0.3乗倍≒2倍、となります。
なので、
48dBは46dBの1.6倍大きな音がする、ということになるらしい・・・。

他のメーカーのものはどうなのか、国産某メーカーのサイトで現行機種の運転音を調べてみたら、39dB~43dB、となっていました。
運転音で比較すれば、国産の現行品のほうがかなり静かになっているのですね。
 ※ただし、ミーレ社製はIEC規格(国際電気標準会議)、国産品はJEMA規格(日本電機工業会)と違う規格なので、正確な比較ではない

今の機種を購入したころ(11年前の新築時)は、引き出しタイプの食洗機が出はじめた時期でした。
京都議定書が採択された後でもあり、新しく開発された引き出しタイプのものは、運転音だけでなく使用水量や電力がそれまでのものより一気に少なくなりました。
それなのに古い機種のフロントオープンタイプにしたのは、「引き出し」が使いやすいとは思えなかったからです。
(新しいものを疑ってかかるわたしの性格のせいもあり?)
ですが、当時わたしが勤めていた会社では、それを販売する担当だったので、疑いつつもお客様には
「食器の出し入れのとき屈まなくてもよいので、引き出しタイプは使いやすいですよ」と、セールストークをしていました。
現在販売されている国産のビルトイン機種はほぼ100%引き出しタイプで、フロントオープンのものがないところを見ると、ユーザーさんに引き出しタイプが支持されているということなのでしょう。(ほっ)
逆に海外製品に引き出しタイプはなく、知る限りでは100%フロントオープンです。

初回購入時、二人分の食器ぐらい手で洗った方がよいのでは、という迷いもありましたが、販売するには自分で使ってその長所も欠点も知りたかったし、社員割引で格安で購入できたので食洗機の採用を決めました。
あくまでわたし個人の使用感なのですが、フロントオープンを11年使っていて食器の出し入れが大変と感じたことは一度もありませんでした。使い方の問題だと思います。
困ったことはひとつ、食器の入れ方によって洗い上がりに差が出ること。しかしこれは毎日使っているうちにコツがつかめ、1ヶ月ぐらいで問題ではなくなりました。

使ってみて一番感じたことは楽だということより、食器がびっくりするぐらいきれいになる、ということでした。
それと、手洗いより使用水量が格段に少なくて済むこと。

以来、二人分の食器はわずかなので、鍋やボールの調理道具も一緒に、そして夜と朝の分の食器をできるだけまとめ、庫内いっぱいに入れて洗っています。
入れる食器が多くても少なくても、使用水量および電力は同じなので、できるだけたくさん入れたほうがコストパフォーマンスが良いということになるからです。

ミーレの製品は、幅が同じなのに庫内がとても広く感じました。
庫内の広さ(洗浄できる食器の数)はJEMA規格で比較すると、
ミーレのフロントオープン(7人分)>国産の引き出しタイプ深型(6人分)>国産の引き出しタイプ浅型(5人分)、
となりますが使用水量はさほど変わらず、11:11:10(リットル)、です。
庫内が広ければ広いほど当然たくさんの食器が入り、コストパフォーマンスは良くなります。

引き出しタイプのウリでもうひとつは、(浅型の場合)食洗機の下に収納が設けられるということがあります。

収納は充分足りている、というか、しまうべき『モノ』そのものがウチにはない。
それよりやはり、たくさん洗えることを優先したい。

ならさっさとミーレに決めて発注すればよいのですが・・・、
ちょっとこれ、お高いんですの。


昨年末不調だった食洗機は、今のところ不調が落ち着き問題なく稼働してくれています。
しかし運転音がなんかあやしい・・・、この音の異常は1年ぐらい前からです。
いましばらく、お付き合いしましょうね。
  

火遊びは楽し


真冬にはマイナス15℃になることもある山暮らしでは、パワフルな暖房は心強い味方。
家の暖房は、パネルヒーターと薪ストーブを併用しています。
といってもパネルヒーターがあれば暖房能力は充分で、薪ストーブは、まあいってみればオモチャ?
普段はパネルヒーターだけで、金曜の夜になるとyooはいそいそと仕事から帰り、楽しそーに火をおこし、薪をくべています。
「冬はたいへんでしょう」とよく聞かれるのですが、オモチャがあるからだいじょうぶ。

薪ストーブの世話はもっぱらyooで、わたしは全くノータッチでした。
棲みはじめたばかりの頃に、面白そうだなと思ってyooの留守に火を付けてみたのですが、1時間たってもまともな炎にならず、あきらめてしまいました。
そしておまけにその晩、隣の家が大火事になる恐ろしい夢を見ました。
(自分の家でないところが、都合のいい性格)
それ以来薪ストーブには手を付けないことにしました。

ストーブ
今年の冬は、その薪ストーブに挑戦してみたの。
できないと思っていたのに、やってみるとけっこうすぐ上手になりました。
着火用の小枝や新聞紙もほんの少ししか使わず、早く安定した炎を保てるようになりました。
自分で付けると、その炎がいちだんといとおしい(*^ー^*)

ほむら
ストーブの前に座ってゆらめく炎を見つめていると、頭の中のもやもやがすーっと消えて気持ちいいです。

子供の頃、実家のお風呂は薪で沸かしていて、そしてそのお風呂沸かしは子供の仕事でした。
今の時代なら一番子供にやらせないお手伝いですよね。
ご飯もかまどに羽釜で炊いて、それも子供の仕事。火遊びならぬ、火仕事。

そうです、火の扱いは慣れているはずなんです、わたしは。


 ★薪ストーブの紹介記事はこちら ⇒ (10/12/10) (11/12/11)
 ★パネルヒーターの紹介記事はこちら ⇒ (10/11/03)

ワイシャツのアイロンがけ、その後


先日ワイシャツのアイロンが上手にできないと記事にしました。(12/01/04)
そのときにあげた対策や、ゲストの皆さんからコメントやメールでいただいたアドバイスを実践してみました。
対策2の柔軟剤はベビー用品の西松屋で購入し、使ってみました。
ジェクス株式会社のチュチュベビーという柔軟剤です。
無着色・無香料で、製品そのものの匂いも優しく、洗い上がりにその匂いはのこりませんでした。
柔軟剤
   今使っている洗剤類に、柔軟剤が仲間入り
   洗剤右のミニバケツには洗濯バサミ、おちょこは粉末の漂白剤を溶かす時に使う
   その下のバスケットに入っているのは、洗濯ネット、衣類ブラシ、ハンドタオル
   (その下の箱の中身は電球のストック)

a-styleさんからコメントでいただいたアドバイスは、
「干す時が重要で普通衿を上に、型崩れしないように干すでしょ?プロは逆さにすそをピンチで止めて干すのだそうです。水分の重みでしわが伸び、アイロンがけの時間が半分になる、とか。」
アイロンは掛けないけれどできるだけ皺を伸ばしたい、そんな綿や麻のパンツを干すときに逆さ干しをやっていました。
そうすると、『洗いっぱなし』が『洗いざらし』の風情になってグー(^_^)v
ワイシャツでも良かったんだ(^o^)
さっそくやってみました。
シャツの干し方
   バンジージャンプか、はたまた回転ジェットコースターか?
   角ハンガーには、だいたい同じところに同じ衣類を干しているので、その干し方の習慣を変えなければ・・・

これはうまくいきました。
アイロンがけの時間が半分になる?ほんとか~?半分はおおげさでは・・・、と疑いつつ(a-styleさんゴメンナサイ。)
やってみたら、おおおおーーー!大げさではありませんでした。すいすいとアイロン掛けが終わりました。
(今回やったのは形態安定シャツだったので、安定加工していないシャツはまた今度)
柔軟剤の効果や、対策を実践しながら今までのアイロン掛けを見直し、動きに無駄がないかカイゼンを試みていたことも功を奏しているかな。

keroさんからメールでいただいたアドバイスは、
「洗濯物をパンパンするのは、しわをとるためだけでなく、繊維のなかに空気を取り込むことによって、より手触りがふっくらするから。また、繊維の寿命ものびるそうです(byためしてガッテン)」
おおおおーーー!!!そうだったのか!!!、長年にわたったわたしの疑問が解決しました!
ガッテン!ガッテン!ガッテン!
そういうことならばと、ざっくり畳んでパンパンしていたのを、畳まずにかる~くまるめて「パフパフ」というカンジで優しく刺激してみました。
ほんのちょっとのことでも、畳まない分作業が単純で、簡単時短です。

いろいろと対策を講じてみるのは面白く、やればやっただけ効果が表れているのですが、シゴトが増えて今はものすごく時間と手間がかかっています。
とにかく何でもやってみて、最後にはまたシゴトを見直して早く楽に完璧にできるまで、工夫してみます。

アドバイスをくださったゲストのみなさま、ありがとうございました。
これでカンベンしてやろう!というところまでアイロン上手になった時に、またご報告いたします(^-^)/

 ★MapleHutのユーティリティーを紹介した記事はこちら⇒(11/01/31)
   

沖縄旅


ただいま!沖縄旅から帰ってきました。
一昨年の夏に初めて沖縄に行き、あっという間にその魅力に取り憑かれてしまいました。
必ずまた来ようと心に決めていて、今回は沖縄初体験の夫と共に再訪できました。

沖縄は土地の持つ魅力もさることながら、かる~く揺さぶられて自分から余計なものが剥がれ落ちていく感じが楽しい。
それは、『常識』だったり『固定観念』だったり、こうあるのが正しいと思う『こだわり』だったり。
そんなものなくてもい~さぁ~
なんくるないさぁ~

いつもの自分の流儀を守ろうと無意識にガンバルと、なんだかなにひとつうまくいかなくなってしまう。
そしていつのまにか、一枚一枚、鎧を脱がされてしまう、無抵抗な快感なのでした。
とはいいながら、「沖縄、たのしむぞー!」という意気込みが空回りしてしまった旅でした。

ああ、空回りしてしまった。
そしてまた、クセになる、沖縄なのでした。
okinawa
   1月なのに、雨のテラスで食事
   首里城下の石畳が美しい路地にあったカフェで、タコライスを食べています
   date:2012/01/10
 
INFORMATION
新規ブログを開設しました

片づけ倶楽部 リコ

↑ こちらのバナーからどうぞ
プロフィール

ReCo

棲人:折谷 玲子
棲家:Maple Hut(飯綱高原)

家育てアルバム
写真をクリックするとアルバムにジャンプします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。