家中を片付けて、得たこと


今年の3月にきっかけを得、家中を片付けました。隅から隅までくまなく、です。(記事10/10/04)
持っているモノを全部、要るモノと要らないモノに仕分けし、不要なモノはすべて捨て、要るモノは再整理しました。
途中片付けに疲れてしまって3か月間中断し、秋にまた再開しました。まだ仕分け後の再整理を待っているモノもありますが、これでウチにあるほぼすべてのモノの片付けが終わったことになります。
この「お片付けプロジェクト」で捨てたモノは、軽トラックに積めば優に2、3台分はあると思います。
不思議なことに、捨てれば捨てるほど、捨てたいモノ捨てるべきモノがまた見つかるのです。
そして「モノ」を捨てたことで、得た「コト」がありました。
それは一言でいえば「時間」、そして「わたし」。どんな、という説明を加えるとしたら、「余白がたっぷりある時間」、「そんな時間を心ゆくまで味わうわたし」。なんてちょっとブンガクテキ過ぎかな?

今こうして、余裕ありげに書いていますが、片付けはじめた頃は激しい衝撃の連続でした。
仕舞いっぱなしになっていたモノが露わになると、なぜかそこに、目を背け封印していた自分の姿を発見して愕然としました。そして、忘れたことになっていたはずの記憶が蘇って心が疼き、また、今までないがしろにしてきた「本当は大事なコト」が、自分の前に山積しているのを目の当たりにしました。
それは苦しかったです。片付けはキツイ。自分自身と向き合う、まるで修行のようだった。幾度も泣きました。

わたしがしたことは、ただひたすらモノを片付けただけです。その「モノ」に、いろいろな「コト」がくっついているということを、片付けを通して気付きました。そして「モノ」にきちんと向かい合うことで、そこにくっついている「コト」をきちんと処理できる、ということを身を持って経験したのです。
「収納上手」を自負していたわたし。隙間という隙間にきっちりとモノが仕舞い込まれたようすを冷静に観察すると、まるで隙間だらけの自分の心も、同じやり方で埋め尽くさんとしているような気がしてきました。
(『ココロのスキマ』というたびに、喪黒福造の笑い声が聞こえてくるような気がします。おーっほっほっほ)

住まいの片付けがほぼ終わった今、埋め尽くされていた「隙間」は、自由な「余白」へと変わり、暮らしと住まい、そしてわたしの心に余裕をもたらしてくれています。
片付けはキツイけれど、そこから生まれたものはなかなかに得難いものです。

「モノ」と「コト」の間に、わたしにとっていったいどんな関係があったのか、そして片付けたことによって住まいと暮らしがどうかわったのか、その実録「お片付けプロジェクト」を、少しずつ紹介していきたいと思います。
 (つづく)

berry
   白い雪の中で赤い木の実が鮮やか
   やがて小鳥たちがついばみに訪れる
   date:2000/11/2-
       
  • 2010/11/17/Wed 23:39:44
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:家育て

床は無垢の杉板です


この11月3日で、MapleHut は満10歳になりました。
2000年11月3日、工務店さんから引き渡しを受け、わたしたちはそのまま空っぽの家にキャンプ道具を持ち込んで、簡単な食事を用意し、初めての夜を過ごしました。
MapleHut にはとびきりの花を活け、誕生を感謝しました。
晩秋の夜空に星がまたたいてきれいだったな。
引っ越しは毎日少しずつ、街のアパートから荷物を運び込みました。最後に大きな家具をまとめて赤帽さんに運んでもらうまで1か月半、ほとんどキャンプ道具だけで暮らしたのです。山で新しい家にいるほうが楽しくて、アパートには荷物を運び出す時しか行かなかったように思います。
考えてみたら、生活ってそんなにものがなくてもできるんですね。

本格的に引っ越す前に、床に塗装をしました。
建築費を抑えるために、自分でできることは自分でやることにして、床は無塗装のまま引き渡しを受けています。自分でやるといってもちゃっかり友人知人を集め、レクリエーションよろしくみんなでわいわい言いながら塗りました。
「床に塗装してみたい人、集まれ~」の号令で、遠くからも駆けつけてくれた好奇心いっぱいの仲間達。みんなもこの家が出来上がるのを楽しみに待っていてくれたんだよね。

床材は杉の無垢板で、自然塗料のリボスで仕上げました。塗装を丈夫にするため、生活し始めてからも半年後、一年後と都合3回塗りました。
無垢の床板は扱いが難しいとされていますが、大きな傷みや極端な収縮といったトラブルもなく今日まで過ごせました。
杉の材質は柔らかく、そのため踏み心地が暖かく感じるのが特徴です。その長所である「柔らかさ」は、また「傷つきやすい」という欠点とも捉えられます。
「柔らかく暖かい」のがいい、と思ったら、「傷つきやすい」という欠点も一緒に受け入れなくてはいけません。
よーく見ると笑っちゃうくらい傷だらけです。小さい子供もいないのに・・・子供に負けないくらいやんちゃなオトナが二人でこんなに傷だらけにしちゃった。

無垢板の床は不思議で魅力的です。そんな傷も、「アジ」になってくれます。
わたしもシワシミシラガが増えて、「アジわいが増したね」といわれたい。

paint1
   リボスの塗装は、塗った後布きれでしっかり拭き取るのがコツです
   ポイントさえ押さえれば素人でもなんとかなった
   幅木の部分を塗った人と塗らなかった人と、なぜか下半分だけ塗った人がいてムラになっています
   シンナーのような揮発性の液を使っていないので作業中の不快感なし
paint2
   工業技術総合センターUさんの指導で黙々と作業する
   date:2000/11/1-
       
  • 2010/11/05/Fri 10:02:19
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:飯綱便り

襖絵変化晩秋


だいぶ葉が落ちて、空が広がってきた。
もうすぐ本格的な冬が訪れる。
暖房設備をしっかりメンテナンスしてあるから、冬さん、いつきてもだいじょうぶよ~!

fusumae-bansyuu
   少し寒いが気持ち良いので窓を開放して撮影する
   テラス窓の前に、ローボーイ(暖房ラジエーター)を設置してある
   date:2010/11/04
        
  • 2010/11/03/Wed 17:39:09
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:家育て

頼もしい暖房、パネルヒーター


ここ飯綱高原は、夏は涼しいがその分冬は長く寒い。
気温がマイナス15度を下回ることもしばしばで、一晩で車のバンパーが埋まるほど雪が降ることもあります。
暑さが長引いた今年でさえ、9月に一度小さなストーブをつけました。春は5月、そして梅雨寒の6月までストーブが必要ですから、暖房期間は半年以上になります。
冬もここで楽しく暮らすためには、信頼できる暖房設備と除雪機が必需品となります。
そんな暖房設備の「パネルヒーター」に、この夏不具合を見つけてしまいました。

パネルヒーターとは、不凍液の温水を使った全館暖房(セントラルヒーティング)のことです。
石油ボイラーで暖めた温水を、配管を通して各部屋のパネル(ラジエーター)に送り、そのパネルからの輻射熱(ふくしゃねつ)で部屋を暖める方式の暖房です。

輻射熱暖房はとても快適です。真冬の屋外でどんなに気温が低くても、太陽の日差しを直接浴びると身体がぽかぽかしてくる、あの感じと言ったらいいかな。
開放型暖房(ファンヒーターとか)やエアコン暖房では、室温23~24度に設定しなければ充分な暖房感が得られませんが、輻射暖房では室温18度ぐらいでも充分暖かく感じられます。
外気温がマイナスを大きく下回れば、その空気中に水分はほとんど含まれていません。そんな空気を20度以上に暖めれば、湿度は40%以下になってしまいます。ひぇ~ひからびちゃうよ~!
湿度が40%以下ではお肌がカサカサになるばかりか、乾燥が大好きな風邪ウイルスの天国にもなってしまいます。
18度程度で暖房感が得られるパネルヒーターの暖房は、湿度の過剰低下が起こりにくくなります。
また建物全体がほぼ同じ温度になるので、廊下に出て震え上がることもなく、吹き抜け空間でも上下の温度差は2度ほどで、上ばかりが暑くなるということもありません。
それから不快な風もないし、運転音がしないので静けさを損ないません。

快適なパネルヒーターに欠点があるとしたら、一つはイニシアルコスト、ランニングコスト共にある程度必要ということでしょうか。
灯油価格の高騰が続く、昨年10月から翌年4月まで暖房に使った灯油は、約1,100ℓ×73円/ℓ=80,300円
温水を循環させるモーターの電気代が、約2,000円/月×7ヶ月=14,000円
灯油と電気代合わせ、暖房費として、94,300円÷7ヶ月≒13,500円/月
となりました。高い?安い?
費用対効果(ランニングコスト対安心快適)の実感は、「とんとん」というより「大満足」です。
夏はクーラーを使わないので、冷暖房費は以上です。
(断熱性などといった建物の性能を上げれば、同じ能力の設備でも確実にランニングコストは抑えられます。が、敢えて建物の性能は「ほどほど」に設計しています)

その大事な暖房設備に不具合を発見した話です。

パネルヒーターは密閉配管にするのが常識です。しかしウチのは1ヶ所、テラス窓のローボーイ(床置きタイプの細長いラジエーター)をコンセント式にし、未使用時に取り外し可能にしてあります。
リビングからテラス、そして森ヘとつながる景色を、ローボーイで遮りたくなかったからです。
そのように見栄えを重視する場合は、ローボーイを床に埋め込むというやり方もあります。ですが、その方法ではローボーイのテラス窓からのコールドドラフトを和らげる効果は、確実に落ちると思います。
この能力的には小さいローボーイがあるとないでは、暖房効果が全然違います。ローボーイを止めると床があっという間に冷たくなることを体験すると、暖房におけるコールドドラフト対策がいかに重要なのかがわかります。

せめて夏だけでも、せっかくの景色を大切にしたい。テラス窓のコールドドラフトを、小さな能力で最大限に防ぐ。この2つの考えから、密閉配管に抜き差し可能のコンセント付という、「異例」の設置方法を選んでいます。
そのコンセントから不凍液が漏れ出し、床にシミができているのを夏に発見しました。
密閉配管の温水には、それを循環させるために0.04MPa程度の圧がかかっています。使用しているコンセントは全く違う暖房の部品を流用していて、その部品はそのような圧力がかかることを想定して作られておらず、コンセントの接点部がゴムのO(オー)リングになっています。10年経ってそのOリングがダメになり、そこから液漏れが生じたのでした。

常識外れた考えの工事方法で起きた不具合を、苦労して修理してくれた冷暖房設備工事の職人さん、ありがとうございました。
良い子のみんなは真似しないように。

K-CRAFT 1
   ダメになった古いコンセントを取り外す
   コンセントの周りの床が黒くシミになっている
   テラス窓の前にローボーイが、「よぉし、わんわん」って感じで出番を待っている
K-CRAFT 2
   常識外れの面倒な修理を引き受けてくれたシンジョーさん
   外した部品を分解し、痛んだ部分を確認している
   このあと試運転して他にも不具合がないかチェックしました
   date:2010/10/30

<追記> 2010/11/23
ランニングコストがかかる理由の一つとしては、パネルヒーターはシーズン中ずっと運転を止めないで使うのが基本だからです。
使い始めた頃はもったいないような気がして、外出時や就寝時は止めていたましたが、オンオフを頻繁に繰り返すほうが燃費は悪く、立ち上がりまで時間がかかるので寒い思いをしました。それが理解できてからは外出時もアイドリング運転にするだけにとどめ、シーズン中に切ることはほとんどありません。
操作が楽で簡単なほうが燃費が良く、なおかついつでも暖かいということです。
   

金曜日はシーツ交換の日


家事は全般的に得意ではありません。得意ではないけれど、そんなに嫌いでもない。
気が向いたときは料理も掃除も洗濯も徹底的にやり、気が向かなければ縦のものが横になっていても気にしない、つまりとても気まぐれです。
毎日コツコツと義務的にルーティンを繰り返すことが家事だとしたら、わたしには不向きです。そもそも家事は向き不向きでやるものではないのですが。
一方家事とはどれも、極めれば職人さんのお仕事にまで到達する、尊いものでもあると思います。
そんな尊い家事をイヤイヤやってはいけない。だからやりたくないときはヤラナイ、な~んて身勝手な発想だこと。
そんなわたしが家事の中で一番苦手で嫌いなのは、シーツ交換でした。嫌いだから、いつも後回しの一番最後の、もうどうしようもない感じになるまでできない・・・、「我が家の恥部」とも言っていいくらいでした。そう、「でした」なのです。この頃その苦手を克服しました\(~o~)/
睡眠って健康のためにとても大切なのに、こんな睡眠環境じゃあイケナイと決意し、苦手克服すべくまずしたことは、「シーツ」を好きになる工夫をすること。ダイスキ!と思えるシーツを探すことにしたのです。
今まではシーツ交換が嫌いだったから、ベッドメイクが簡単な「ボックスシーツ」を使っていました。縁にゴムが入っているあれです。
このボックスシーツというやつは交換が簡単かもしれないけれど、洗濯して竿に干されている姿がびよ~んとだらしなくてキライ。おまけにピシッと畳めないから、せっかく洗濯しても皺くちゃで気分悪いし。シーツのあれもいやこれもいやと、もう坊主憎けりゃ袈裟まで憎い状態です。
そこで買い替える新しいシーツは、思い切って(おおげさ?)フラットシーツにすることにしました。
シーツの素材は、ずっと憧れていた麻のものを選びました。
もう一つこだわったのは、一枚布であることです。ダブルサイズのフラットシーツは幅が220cmもあるので、両端に縫い剥ぎの入っている場合があります。竿に干されている姿も「すてきっ!」と思いたいので、一枚布のものを探しました。
縫い剥ぎがあるかないかで、価格は約2倍も違います。でも長年の苦手克服のためには、きっと高い買い物ではないはず(たぶん・・・きっと・・・でも・・・、フラットシーツ、面倒かな・・・)。

麻のシーツは、寝心地抜群でした。最近旅先で綿のシーツで寝ましたが、麻の少しざらっとするしっかりした肌触りが好きだなと、改めて感じました。キモチイイ~!
もっとすばらしいのは、麻はあっという間に乾くことです。春先の気温が低い時期でも、2時間でぱりぱりに乾いてしまいます。もひとつキモチイイ~~!
はじめは四苦八苦した交換も、シーツの畳み方を工夫したりしてだんだん慣れ、短時間でピシッと決まるようになりました。清潔な寝具でほんとうに、キモチイイ~~~!

気持ちがいいことに対しては、自然に熱心に取り組めるわたしは単純かつ正直(?)な生き物。こうして克服した、最も苦手で嫌いなシーツ交換という家事が、今では大好きになりました。
1週間の終わりに気持ち良く休みたいから、金曜の朝をシーツ交換の日と決めました。シーツ交換が楽しくなって、金曜の朝が待ち遠しいくらいです。
ある朝まだ木曜日なのに飛び起きて、がばあっとシーツ剥がしてしまいました。楽しいなあ。

linen sheet
   テラスでぱんっ!とシーツを干す
   長手方向を竿に掛け、裾を引っ張って幅方向の皺を伸ばします
   秋の日差しを受け風に揺れるシーツを見ていると、ただ暮らすことの悦びを感じます
   date:2010/10/23
        
INFORMATION
新規ブログを開設しました

片づけ倶楽部 リコ

↑ こちらのバナーからどうぞ
プロフィール

ReCo

棲人:折谷 玲子
棲家:Maple Hut(飯綱高原)

家育てアルバム
写真をクリックするとアルバムにジャンプします