スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掃除機スタンバイ中!


前回の記事に掲載したパントリーにも、
おぉぉぉー!
と小さな叫びをあげてしまう、見事な「寸法の神様」がいらっしゃいます。

pantry 5
壁に掛けたショッピング紙バッグは、
前回紹介した資源ごみの「その他古紙」の指定席です。
その下に置いてある白い箱の中には、
ハンディータイプの掃除機と、そのホースやノズルなどの小物がが入っていて、
高窓やタンスの上や、車の中をお掃除するときに箱ごと持ち出して使うためのものです。

その奥に、壁のでっぱりがあるのが分かるでしょうか?
この壁の反対側はトイレになっていて、
内壁に納まるように作ったはずのトイレ収納が、ここに出っ張ってしまっているのです。

ご覧いただきたいのは、
その壁のでっぱりと扉の間に、ハンディー掃除機を入れた箱がすっぽりと納まっていることです。

段ボールの箱は、掃除機を買ったときの外箱です。
この掃除機は家中のあちこちに持ち出すものなので、
パーツごと持ち運びしやすいように、
なにか工夫しようと思ったときに目にとまったのは白い紙バッグ。
外箱を入れてみたらなんとこれもぴったり!!!
 ※バッグは縦長だったので、底の部分を切り取って調節しました。


う~ん、おみごと!

まいりました m(_ _)m



前回の記事にも書きましたが、このパントリーは、家のほぼ中央に位置しています。
家中で使うような掃除機がここにセットされていると、すぐにお掃除を始められます。

どんなお道具類たちにも、
出動要請があったときには、消防士さんのようにすぐ登場できる状態に、
スタンバイしていただいています。


ハンディー掃除機さんの、お仕事に対する意気込みが感じられますよね。
出動しやすいベストポジションを見つけて、
「ぼく、ここーーー!!!」
と言って、まるで自分で居場所を決めたみたいです。





スポンサーサイト

キモノの小物たち


12月に入って、「年内にやりた~い」との駆け込み片づけサポートが続き、片づけ漬けの毎日でした。
新しい年をスッキリしたお部屋で迎えましょう!
今日は昨日エントリーした記事の続きです。しばらく滞っていたエントリーを進めますね。



キモノの小物を片づけて、「寸法の神様(12/08/27)」が降りてこられました。

適当に集めた箱という箱が、まるで誂えたかのように、みごとにぴったり納まっています。
小物達も居心地よさそうで、見ている自分も心地よくなってきます。

chest 1


こんな風に、モノたちがすとんと納まるとき、
片づけている自分の手を離れて、モノが意志を持ってそこに納まっていくようにさえ感じます。

ここまで秩序が整うと、リバウンドのしようがありません。
モノが自ら、その安住の地に帰っていく感じなのです。
私はそのお手伝いをしているだけなので、
日常の片づけ、つまり後片づけというものは、やっているという実感がなくなりました。

後片づけって、ふつうはあんまり楽しいものではないです。
それが全てのモノに居場所、指定席が与えられると、後片づけは本当に楽に、そして楽しくなります。

片づけサポートをさせていただいたクライアントさんからも、
片づけ後は、日常の後片づけが億劫でなくなったというご感想をいただきます。



寸法の神様


片づけをしていて、「寸法の神様が降りてこられた」と感じることがあります。

片づけが進み、モノが居心地良く納まる場所に配置し、収納し直す、片づけの最終仕上げのときに起こります。

そこに在るべきモノは、何ひとつ欠けることなくある
そこになくてもいいモノ、余計なモノは何ひとつない

それくらい片づけが完成してくると、
モノたちは、まるで自ら整列したかのようにストンと、そこに納まっていくのです。
それはまるで、そこに納まるためにそのモノが存在していたかのよう、
そしてやっと安住の地にたどり着いたかのよう。

特注してこしらえた収納用品になら当然でしょうが、
既製品の、しかもそれ用に用意したわけでもない、前からそこにあった場所にです。

そんなシーンに出くわすと、しばしぼう然と、そしてうっとりとその様に酔いしれます。
寸法の神様に感謝しつつ。


前回の記事で紹介しました、ヘアサロンの片づけでのワンシーンです。

idee 3
カラー剤が、スチールラックの棚一段にすっぽりと収まっています。
右の棚と左の棚は、タイプの違うカラー剤で、それぞれ左から右にカラーグラデーションとなっていて、
下から上に各々の色の濃淡グラデーションになっています。
パッケージのフタを折り曲げテープで留め、品番の表示とし、使用中のものを入れています。
その上のフタが閉まっているのは在庫で、縦に使用中のものと同じ色味が整列しています。
片づけ前は、在庫は別の場所に保管してありました。
片づけをし整理すると、在庫も全てこの棚に収納することができ、作業と管理が簡単になりました。
 ※前回の記事のBefore&After写真もご覧くださいませ



今日から、カテゴリ「寸法の神様」を新設しました。
片づけでお逢いした寸法の神様を、紹介させていただきます。


INFORMATION
新規ブログを開設しました

片づけ倶楽部 リコ

↑ こちらのバナーからどうぞ
プロフィール

ReCo

棲人:折谷 玲子
棲家:Maple Hut(飯綱高原)

家育てアルバム
写真をクリックするとアルバムにジャンプします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。